いい社員は会社がつくる Part1

私は研修などで、受講している社員さんに向かって、いろいろと偉そうなことをいっています。

研修の企画、コンサルティングなどにおいては、社長さんに向かって、このように人材育成をした方がいいなどと、これまた偉そうにいっています。

それだけ偉そうにいうからには、自分はさぞかし立派な社員だったのかといえば、、、

その通り!!

というのは、おきまりの冗談ですが、考え方によってはいい社員だったと思うし、考え方によっては、悪い社員だったと思います。

まずは、いい社員だと考える場合。

一つ目の会社では、あるとき、上司が「あいつは3人分仕事しているから、少しぐらい残業が多くても大目に見てやれ」といってくれていたという話を聞きました。まあ、3人分は大げさとしても、それなりに仕事をしていたんだろうと思います。

また、あることについて、あまり面識のない、地方の社員の方から問い合わせを受けることもしばしばありました。どうしてかと思っていたら、ある時、「そのことについては小野瀬さんが一番知っていると聞いたので」といわれました。たぶん、特定の分野については、社内でよく知っている方だったんだと思います。

こうやって書くと、「何、自慢してんだ」といわれそうですが、一応ちょっと自慢ぽいことを書かないと、次に続かないものですから、あえて書いてみました。

何を書きたいのかというと、こういうことを書くと、とてもいい社員ぽく思えますよね。

でも、私は会社を辞めました。

この段階で、全然いい社員ではありません。というか、いいも悪いも、社員じゃありません。。。

次のコンサルティング会社でも同じ。

入社した直後に担当したプロジェクト。3ヶ月ぐらいで、別のプロジェクトに移れといわれました。

「せっかく、面白くなってきたところだったのに・・・」

そう思っていたら、「お前はもっとできそうだから、こっちのプロジェクトに回すことにした」といわれ、とてもうれしかったのを思い出します。

また、その次の年の終わりぐらいでしょうか、本来ならまだやらせてもらえない、プロジェクトリーダーを任せようと思うといわれました。

自分でいうのも何ですが、会社でも一番熱心だっただろうと思います。「早くて3年、普通なら5年で一人前」といわれていましたが、私は、遅くても3年、できれば、もっと早く一人前になろうと思っていましたから。

たぶん、それが認められたんだろうと思います。

でも、辞めました。

ここでも、辞めなきゃいい社員だったと思いますが、辞めたところで全然ダメです。

何を書きたいのかというと、どんなに素晴らしく見える社員も、辞めてしまえば全然ダメということ。でも、辞めるのは、社員が悪いのかどうか。。。

その会社から見れば、辞めていった私が悪いと思います。でも、私にもそれなりの理由があったんです。本当は、もっとその会社で働きたいという思いもあったんです。

でも、残るか残らないかという一線を越えるようなことがあって、辞める決断をしたのです。

さて、いい社員とはどんな社員か。

いろいろあると思いますが、一つは、会社に対する貢献意欲があること。会社の理念、方針を理解し、それを一緒に目指そうとしていること。つまり、考え方が共有できていること、というのがあると思います。

いきなりですが、アメリカのGEの元CEO、ジャック・ウェルチさんの話だったと思います。

マネジャーを、成績がよいかどうか、成果を上げているかどうか、という点と、会社の方針に従っているかどうかという2つの点で、分類して考えたといいます。

こうすると、4つのパターンに分けられます。

(1) 成績がよくて、会社の方針に従っている人
(2) 成績がよくて、会社の方針に従わない人
(3) 成績が悪くて、会社の方針に従っている人
(4) 成績が悪くて、会社の方針に従わない人

こうすると、(1)がよくて、(4)が悪いのは、誰の目にも明らかです。

では、(2)と(3)で、優劣をつけなければいけないとしたら、どちらがいいのか。

ジャック・ウェルチの答えは、、、

明日!!

と、もったいぶりたいところですが、答えだけはいっておきましょう。

(3)の、成績は悪いけれども、会社の方針に従っている人でした。

ひょっとすると、

社員の立場だと「どうして?」

社長の立場なら、「そりゃ、そうだよね」

そういう反応になるのではないでしょうか。

で、私が思うには、そこにお互いがハッピーになれない原因があると思うのです。

ということで、それについては、また明日。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)