自分の会社の良さを知ろう!

最近つくづく思うのですが、まあ、世の中にはいろいろな会社があります。

私がお邪魔している会社は、お世辞ではなく、どこもいい会社です。もちろん、売上がやや減少傾向だったり、もう少しがんばりが必要だったり、技術力アップが求められていたり、問題や課題はどこの会社にもあります。でも、あくどいことをやっているとか、社員をこき使って搾取しているとか、そういう悪い会社はありません。みんないい会社です。

社長も、社員から見ると怖い存在かもしれないし、厳しい存在かもしれませんが、トータルで見れば、みんないい社長です。もちろん、人間ですから、完璧ではないかもしれません。相性の善し悪しもあるでしょう。でも、実はとてもいい社長ばかりです。

ところが、そこで働いている社員は、その良さが分かっていないことが多いようです。

反対に、自社の悪い面、改善して欲しい面については、よく分かっています。話を聞いていると、確かにもっともだなと思えることがある反面、「よその会社に行ったらもっと厳しいんだよ」といいたくなることもあります。

ただ、それをいってみたところで、どれだけ説得力があるか。

私がいう分には、いろいろな会社を見ている人がいっていることとして、ある程度は受け入れてもらえるかもしれません。でも、社長がいってしまうと、たとえそれが事実であっても、社長に都合のいいことをいっていると受け取られる可能性もあります。

いずれにしても、「改善して欲しい」「ここはダメ」と思っている人に、「よそよりはいい」といっても、あまり効果はありません。

では、それを理解させるためにはどうしたらいいか。

一番いいのは、他社を経験することです。

「海外に行ってみて日本の良さが分かった」とか、「転職してみて、前の会社の良さが分かった」とか、「会社を辞めて独立してみて、会社の看板の重みを知った」とか、違うところを見て、経験して、初めて今いるところの良さが分かるのです。

しかしながら、だからといって、

「じゃあ、一度、会社を辞めて、他の会社に行ってみろ」

そんなことをいうわけにはいきません。

そこで一つ提案です!

半日だけ、社員をトレードするというのはどうでしょう?

いろいろと面倒臭いこともありますが、半日だけでも、別の会社の特にきつ~い業務を体験したりさせる。そのときには、容赦なく厳しく指導する。その後、そこの社員と食事でもしながら交流。

そうすれば、いろいろな仕事があることも分かりますし、他社の社員が何を考え、どう感じているかなどをもっとリアルに感じることができます。たった半日でも、世界は広がるはずです。

よそを経験することで、自社の良さも分かるでしょう。その後の取り組み姿勢が変わることは間違いありません。

もっとも、実際にやろうと思うと、いろいろと面倒臭いし、負担も大きいかもしれません。

思いつきで書いていますので、何か重大な問題を見落としているかもしれません。

でも、効果があることは間違いないと思います。

いずれにしても、どの会社にも、その会社ならではのいい面があります。社員がそれを自覚している会社はとても素晴らしいし、活気があって、雰囲気もいいのではないかと思います。

なぜなら、自分の会社に誇りが持てますからね。

「うちの会社はいい!」

そういえる社員がたくさんいる会社は、間違いなくいい!

各社の社員の皆さまには、是非とも、自社の良さに気付いて欲しいなと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)