正しく叱咤激励してますか?

叱咤激励するのに、正しくも何もないという気もしますが、日頃から、ちょっと感じている疑問があります。

それは、たとえば、経営者の方が社員を「叱咤激励」したというとき、本当に「叱咤激励」になっているのかということです。

私の懸念は、単なる「叱咤」で、「激励」になっていないんじゃないかということです。また、「叱咤」というのは、「大声で励ますこと」あるいは「大声でしかること」という意味なのですが、後者の方に大きく偏っていないのかということです。

もちろん、経営者は「激励」の気持ちを込めて接していると思います。

でも、それが伝わっているかどうか。。。[E:think]

どんな声で叱るとか、どんなトーンで話すとか、どんな言葉を使うとか、テクニックはいろいろあると思います。でも、私はあんまりそういうテクニックは信用していません。徹底的に身につけたテクニックならともかく、付け焼き刃のテクニックでは、かえってわざとらしくなるように思うからです。

一番大事なのは、その人が「できる」と思って話すか、「できていない」と思って話すか。

恐らく、現実は何かができていないのだと思います。それも、経営者としてはできて欲しいと期待している何かがです。

すると、どうしても「なぜできないのか」ということを問いつめるような口調になりがちです。これも時と場合によっては必要かもしれませんが、私は、基本的にはやめた方がいいと思っています。

なぜなら、これがエネルギーに転化して、行動に生かされることは少ないからです。[E:down]

エネルギーに代わるとしても、その瞬間だけ。長続きはしません。

同じことをいうのであっても、本来ならやって欲しいことを、「本当ならできるだろ」というスタンスで話をすれば、これはエネルギーになります。励まされているという感じにもなります。[E:up]

それが、正しい叱咤激励ではないか。

そう思うのです。

厳しくも、暖かい言葉。
厳しいけど、感謝したくなる言葉。

そういう言葉には、可能性を認めることとか、相手を尊重することとか、期待していることとか、プラスのメッセージが込められていると思うのです。それもはっきりと分かるかたちで!

どんなメッセージも、どんな思いも、相手に伝わらなければ意味がありません。

それも、相手が意をくんでくれることを期待するのではなく、相手に分かってもらえるように伝えるということが大切です。

そういう意味では、コミュニケーション能力は、上に立つ人間にとってとても重要なものだと思います。

ちなみにコンサルタントにとっても重要です。[E:think]

人のことをいっている場合ではありません。。。[E:coldsweats01]

がんばります![E:happy02]

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)