幹部候補に相談してますか?

何かに悩んでいたり、重要な意思決定をしなければならないとき、誰かに相談することがあると思います。

相談する相手は、別に誰でもいいのでしょうが、たいていの場合、自分よりも年上であるとか、経験が豊富であるとか、知識が豊富であるとか、自分よりもよい解決策を出せそうな人に相談するようです。

会社でいえば、部下が上司に、後輩が先輩に、幹部が社長に相談したりします。

では、その反対はどうでしょう?

上司が部下に、先輩が後輩に、社長が幹部に。。。

たぶん、あまりないのではないかと思います。

自分より経験の浅い人間に相談しても、良い考えが出てくるはずもないと思うからでしょう。確かにそれは間違いではありません。

でも、相談は下から上だけでいいのか。

私はそうではないと思います。

たとえば、社長が幹部に相談する。

幹部には内容が十分には理解できないかもしれません。理解してもらおうと思ったら、いろいろな背景を説明しなければならないことも多いでしょう。仮に背景を理解できたとしても、何か有効な回答が得られるかといえば、あまり期待できそうもありません。説明するだけ無駄だとも思えてしまいます。

それでも、長い目で見れば無駄ではありません。それを繰り返していれば、そのうち本当に頼りになる幹部が育ちます。

なぜなら、社長が意思決定するに当たって必要な情報をどんどん聞いて、徐々に社長と同じ目線を持てるようになってくるからです。

また、社長がそれだけ重要なことを相談してくれるということが、モチベーションにもつながります。

自分は頼りにされているんだな!と。

要するに、相談のために相談するのではなく、部下のモチベーションアップと育成のために相談するということです。

相談という名の教育といってもいいかもしれません。

人にもよると思いますが、「幹部としての判断ができない」とか「幹部としての自覚がない」とか叱責するよりも、折に触れて相談する方が効果があると思います。

相談をするというのは、相手よりも一段低い位置にいるような気持ちになりますが、そんなことは関係ありませんし、気にしてはいけないのです。

奥様が旦那様を立てつつ、うまくコントロールするようなことと同じではないでしょうか。

上から叱るだけではなく、時には、下から持ち上げるような育て方もありではないかと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)