やらされる練習と自分からやる練習は全然違う

工藤公康投手の言葉です。

工藤投手といえば、今年で48歳。今は浪人中ですが、来季は現役選手としてプレーできるようにトレーニングに励んでいるようです。

すごい!

一般的な感覚でいえば、48歳だったら、もう現役を引退しても全然おかしくない年齢です。体力が落ちてくるのは人間として当然ですし、トップアスリートのピークも過ぎていますし、だんだんと気力も衰えてくるような年齢です。

それでも、現役を続行しようという意欲。

現役続行できる体を維持するために、トレーニングを続けようという気力。

プロの厳しさを知っていれば知っているほど、「もうそろそろ。。。」と思ってもおかしくないのに。。。

正直いうと、昔(西武ライオンズの頃)は嫌いな選手でしたが、最近の工藤選手は尊敬しています。

さて、今では自ら進んで練習し、食生活にも細かい配慮をしている工藤選手ですが、最初の頃は全然違ったといいます。

練習もやらされてやっているだけで、好きなものを食べて、酒も浴びるように飲んで、ある時は肝臓がとんでもないことになっていたそうです。

そんな工藤選手が変わったきっかけは、アメリカの教育リーグに参加したこと。

よくいわれることですが、メジャーリーグを頂点とするアメリカのプロフェッショナル・ベースボール界は、激烈な競争があります。当然、工藤選手が参加した教育リーグも同様で、周りの選手の眼の色が違っていたといいます。

試合で活躍して、上に行こうという思いが半端ではなく、自分はこのままじゃダメだと思ったそうです。

それから、自分から進んで練習をやるようになった、と。

で、私も思うんです。

無理矢理やらせても、やらないよりは良いかもしれませんが、それほど大きな効果はないと。自分で気づいて、自分から取り組むようになって初めて、本物になると。

下手すると、無理矢理やらせることで、それが嫌いなこと、嫌なことになってしまって、将来の成長を阻害する恐れもある。

じゃあ、どうするか?

どうしたらいいんでしょうね???

後輩ができると、先輩としてやらなきゃと思う。
リーダー、組織の長になると、自覚ができる。
ライバルがいると、負けずにがんばろうと思う。
目標になる先輩がいると、そうなりたいとがんばる。
期待されると、その期待に応えようとがんばる。
信頼されて、任されるとやる気になる。
できた!という達成感があると、またやりたくなる。
だんだんうまくできるようになると、ますますやろうと思う。
その仕事が楽しければ、自然に一生懸命やる。

思いつくままにあげてみましたが、こういう状況を作り出せれば、いい効果があると思います。

逆に、ありがちだけど、できることなら避けた方がいいのは、アメとムチ作戦ですね。

アメにしても、ムチにしても外からの刺激は、だんだん慣れてきたり、もういいやと興味がなくなったり、追い求めることに疲弊したり、長く続かないことが多いのです。ですから、きっかけとしてのアメ・ムチはまだしも、継続的なアメ・ムチには弊害もあるのでおすすめできません。

反対に、先ほどあげた例は、どちらかといえば内的なもので、自発性が強くなるので、意欲が長続きします。

「やらされる練習」と「自分からやる練習」の違いと似たようなものです。

簡単なことではないのですが、やらせることを考えるより、自分からやりたくなる状況をどう作り出すか、一生懸命考えることが大事だと思います。

それができたら苦労はしない、っていわれそうですが。。。

やれないことじゃないと思うんですけどね。

ただ、やるためには、少なくとも、「発想の転換」と「勇気」と「忍耐」が必要でしょうね。。。

やっぱり、大変か。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)