全社一丸となったソフトバンクホークスの勝利

ソフトバンクホークスが日本一になりました。

日頃は、それほど野球を見ることもないのですが、日本シリーズともなると、ついつい見てしまいます。何せ、今日で日本一が決まる試合ですから。

結果は、ソフトバンクの勝利!

たぶん、プロ野球ファンの中にはいろいろいう人もいるでしょう。オーナーの孫さんに対して、あるいはその会社に対して、いい印象を持っていない人もいるでしょう。

そういうものが何もないフラットな目で見ると、昨日の勝利は、とても素晴らしいものだったような気がします。

選手はもちろん、監督、コーチも一体となり、さらには、王前監督(現球団会長)、孫オーナーまでが、つまりフロントまで含めた球団全体が、勝つために一体となっていたように思います。

恒例のビールかけに参加している孫さん。。。

賛否両論あるでしょうが、私には微笑ましく感じられました。

選手でいえば、横浜からFAで移籍した内川の活躍(日本シリーズは微妙かもしれませんが、シーズンは文句なし)、同じく西武からFA移籍した細川捕手の活躍、生え抜きの2人のエース和田と杉内、恐らくチームを牽引しているであろうベテラン小久保。

生え抜き組、移籍組など関係なく、チームの一員として勝つために戦っているという雰囲気が見えました。

MVPは小久保選手でしたが、「みんなでの代表としてもらう」みたいなコメントをしていたと思います。

内川選手も、「本当にいいチーム」というようなコメントをしていたと思います。外様でありながら、チームにすっかりとけ込んで、一体となって戦っていました。

どうしてこういうチームができたのか?

結局、孫さん、王さん、秋山監督、選手たち、、、全員が、勝つことに意識を集中したからではないかと思います。当たり前のことではありますが、現実的には、全員がチームの勝利に意識を集中するということは、意外に難しいものです。

なぜなら、同じチーム内であっても、選手はライバル同士でもありますし、個性の強い個人事業主の集まりです。チームの勝利を願わない選手はいないと思いますが、心のどこかで自分の成績(=年俸)のことを意識して、チームの勝利よりも自分の成績を優先する気持ちが生まれないとも限りません。

でも、SBホークスの勝つことに対する執念は他のチームよりも遙かに強かったと思うのです。さんざん悔しい思いをしていますからね(リーグ優勝したのに日本シリーズに出られないことが3回)。

元監督の王さんが球団会長であるというのも、チームを一丸とする一つの要因だったかもしれません。以前王さんがいた某球団は、内輪もめでゴタゴタしてますが、これではいくら選手や監督ががんばってもチーム一丸、いえ球団一丸にはなり得ません。

また、出戻りの小久保という存在も、外様の選手をとけ込ませるのにはよかったのかもしれません。完全な生え抜き中心だと、どうしても移籍組はとけ込みにくくなります。一旦外に出て、再び戻ってきた小久保選手は、完全な生え抜きでもなく、外様でもなく、両者をつなぐ役割にはぴったりだったのではないかと思うからです。

そしてもちろん、孫オーナー。

好き嫌いが分かれるとは思いますが、ビールかけしている無邪気な姿は、純粋に「勝つんだ!」という思いで、一生懸命応援していたという印象です。

確か、王さんに「世界一の球団を作るためにいつまでも監督をやって欲しい」というようなことをいっていたと思うのですが、それも嘘ではなかったのかなと思ったりもします。

金は出すけど、口は出さない。

そんな印象があるので、現場としてはやりやすいのではないかとも思います。

まあ、ちょっと綺麗にまとめすぎかもしれませんが、全員がお互いに相手を信頼して、任せるところは任せ、自分がやるべきことはやり、それぞれの役割を全うしたからこそ、このような強いチームができたのかなと思います。

一方、敗れたとはいえ、ここまで打てない打線でリーグ優勝を果たし、日本シリーズでも3勝した中日ドラゴンズ。

落合監督のチーム作りの手腕も注目すべきものだと思います。本が売れているみたいですね(^^)

ドラゴンズは、残念ながらフロントと現場の信頼関係には“?”がつきますが、監督と選手の間には、強固な信頼関係があり、それが勝利の原動力の一つだったとも思います。

どのようにして信頼関係を築くのか?

企業経営者も、スポーツの名監督、名コーチに学ぶところが大いにあるのではないかと思います。

もちろん、私もですが。

Follow me!