マニフェスト~なぜ、日本語でいわないの?

いつから、このマニフェストが注目され始めたのでしょうか?

今回の選挙では、本当に注目されているみたいです。新聞によれば、民主党のホームページからのダウンロードも相当数にのぼり、街頭で配布すれば、あっという間になくなってしまうということです。

ところで、そのマニフェスト。

私は、マニフェストと聞くと、どうしても産業廃棄物処理のことが思い浮かんでしまいます。

というのも、私が、生まれて初めて「マニフェスト」という言葉を聞いたのは、産業廃棄物処理業についてのリサーチをしていた時のことだからです。

あれは、コンサルティング会社に転職して初めての仕事でした。産業廃棄物処理業の人材活用とか、教育制度、人事制度などの調査をするという内容でした。

調査するのは、人材活用とか人事制度なのですが、その業界についての知識も必要です。業界の知識がまったくなければ、その業界にふさわしい人材活用も分からないからです。

そこで、まずは文献を調べたり、関連の団体の方から、いろいろ聞いたりしました。そして、そのあとは、産業廃棄物処理業を営んでいる会社の方から、現状をお聞きました。

そのとき聞いたのが、「産業廃棄物処理では、マニフェスト制度というのがあって、マニフェスト伝票を使って、不法投棄などを防ぎ、適正に処理を行う」ということだったのです。

マニフェストなんて初めて聞く言葉でしたので、「へぇ、マニフェストっていうんだ。。。」と、強く印象に残っています。

で、今注目されているマニフェスト。

もちろん、産業廃棄物処理のマニフェストではありません。

政治家の不正を防ぎ、適切に政治が行われるための伝票でもありません。

調べてみると、

産業廃棄物のマニフェストは、manifest
今、注目のマニフェストは、manifesto

同じ単語じゃないんです。

ああ、ややこしい!

もっとも、私がややこしいと思うのは、たまたま、産業廃棄物処理業のリサーチをしたことがあったからで、一般の方は、別に何とも思わないのかもしれません。

でも、だからといって、よく分からない外来語を使うのもいかがなものかと。。。

まあ、今となっては、有名になったからいいかもしれませんが、日本語で言えば良いんじゃないのかと思ったりもします。

「マニフェスト」よりも、「政権公約」「政策宣言」の方が、何のことか分かりますからね。

まあ、とにかく、敵の揚げ足をとったり、弱みを強調するだけでなく、「自分がどうするか」を強くアピールして欲しいです。

当然、マニフェストには、そういうことが書いてあるわけですけどね。

でも、どうやらネガティブ・キャンペーンばかりで、なんなんだかなぁと。。。

「お!この人いい!!」

と思える人が見たい。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)