リーマンショックから1年

新聞各紙の見出しを見ても、ニュースなどを見ても、「あれから1年。。。」などとやっています。

一部の記事では、その傷みを忘れて、また強欲的な儲け主義が復活してきたとか。

金融というのはとても重要ですし、儲けようという意欲も必要でしょう。リスクをとって、利益を得ようということを、全面的に否定するつもりはありません。

でも、どうも、人間が頭を絞って考えたものは、行き過ぎると問題を起こすような気がします。

金融工学とやらも、理屈を聞けばなるほどと思いますが、よく考えると、「あのリスクはどこへ行っちゃうの?」と、不思議に思えるようなことです。実際、どこかに消えたわけではなく、こうなってしまったわけですが。

自然界がすごいと思うのは、たとえ残酷な弱肉強食の世界であっても、きちんとしたルールというか、節度があるということです。

肉食動物は、空腹の時にしか獲物を捕らないそうです。弱くて、他のものに食われてしまう動物は、あらかじめたくさん生まれてきて、適当な数が生き残ります。しかも、ある時は食べるものが、ある時は食べられるものになり、うまく循環しています。

そのようにうまくできている世界に、人間が進出するとおかしなことが起こります。

ある種が絶滅の危機になってしまったり、逆に、天敵を殺したためにある動物が増えすぎてしまったり。

金融工学と自然界の話は直接つながらないかもしれませんが、でも、根本は同じことのような気がします。

結局、「自分だけがよければいい」という発想は、その瞬間はよくても、長い目で見れば破綻を来すのです。

このことは、1929年の世界大恐慌を見ても分かります。

私も、あの有名な『大暴落1929』とか『オンリー・イエスタデー』とか読んでみましたが、今回と同じような現象が見られたようです。もちろん、80年前のことですから、全然違うところは違いますが、人々のマインドには共通のものがあるように思います。

もっとも、80年前のことは、ほとんど覚えている人はいないでしょう。生まれていなかった人も多いでしょう。今、世の中を動かす中心の人は、生まれていなかった人ばかりでしょう。

ですから、その教訓を生かせといわれても、それが及ばなかったのは仕方がないかもしれません。

でも、1年前のことだとしたらどうでしょうか。

十分、教訓として生かせるはずだし、絶対に繰り返してはいけない。

そう思います。

「自分だけがよければいい」という発想ではなく、いわゆるWIN-WINの関係を築こうと思っていれば、たとえ、何か間違いを犯してしまったとしても、それほど大きな問題にはならないような気がします。

誰もが、一人では生きていけません。

何らかの形で助け合わなければいけません。

そういった前提のもとで、自由主義、競争主義が必要だと思います。

そこは論理でもなく、法律でもなく、結局は、その人の常識、考え方によるのかもしれません。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)