必殺仕分け人

事業仕分けが、好評?のようです。

好評というのは変ですが、マスコミの調査結果によれば、国民の支持を得ているようです。

確かに、無駄な費用を削減することは大切なことです。そのためには、何のしがらみもない人が、ばっさりと切った方がいいこともあります。

でも、どうでしょう?

事業仕分けの趣旨には賛成しますが、やり方には課題も多いような気がします。

公開でやるというのはいいことです。誰も知らない密室で行われるのでは、国民に伝わらなくなりますから。でも、今回の場合、公開でやることで、一種のパフォーマンスになってないでしょうか?

だから、「“必殺”仕分け人」というタイトルにしたのです。

それと、何のしがらみもない人がカットするのはいいですが、それが本当に国のためになっているのかどうか。きちんとその事業の目的、意味を理解して、全体を俯瞰した上で判断しているのなら問題はないと思いますが、どうなんでしょう。。。

とにかく、カットする方がGOOD!

そうなってしまってはいないかが気になります。

会社の経営でもそうですが、個別に最適化しようとすると、全体的にはデメリットになることもあります。

無駄な費用はカットすべきですが、きちんと投資すべきところには、きちんと投資すべきです。

一番良くない投資は、中途半端な投資だという話も聞いたことがあります。

ぜひ、いい仕事をしていただきたいものです。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)