ビジョンを持つこと

現代は、激動の時代です。そういえば、10年前には、こんなにインターネットは普及していませんでした。携帯電話も存在はしていましたが、ここまでは普及していなかったでしょう。ずいぶん変わったものだと思います。

こんな時代に、将来のビジョンを描くなんて・・・

それは、無駄なことだと思いますか?

確かに、ビジョンを描いてみたところで、環境も変化してしまいますから、あまり意味がないと思われる方もいらっしゃるのでしょう。もっとも、意味があると思っていても、どうなるか分からないということもあるでしょう。

以前、ある会社の経営者がいったそうです。

「ビジョンがないのも、ビジョンだから・・・」

もしかすると、私には理解不能な、意味の深い言葉なのかもしれません。ただ、文字通り受け止めるとすれば、何だか意味不明です。

確かに、将来どうなるのかは誰にも分かりませんから、ビジョンなんて描けないといいたくなる気持ちは理解できます。

でも、あるところまで来たら、そんなことをいっていてはダメです。

20歳代のうちは、ビジョンは描けないかもしれません。たとえ、描けたとしても、しばらくすると変わってしまうこともあるでしょう。それは、人生経験が少ないので、仕方のないことです。

しかし。

30歳代も半ばを過ぎたら、自分なりのビジョンを明確にしなければなりません。私が知っている限りでは、充実した人生を送っている人のほとんどが、自分なりのビジョンを持っています。

どうしてそうなるのかは、簡単なことです。

ビジョンが明確なら、やるべきことも明確。やるべきことが明確なら、頑張ってやってみようという気にもなってきます。そして、日々実行していくうちに、少しずつ、ビジョンに近づいていきます。自分が進歩していることが実感できれば、やはり、うれしいものです。すると、さらに頑張ろう・・・と、好循環ができあがるわけです。

そうやって、毎日が充実していくわけです。

だから、ビジョンは大切。

でも、問題は、自分が何をやりたいのか分からない、ということですね。

確かに、やりたいことなんて、そんなに簡単に見つかるものではありません。そんな場合は、

とりあえず、手の届くところで頑張ってみる!

それが、大切です。考えてる暇があったら、行動してしまうということですね。目の前の仕事に打ち込んでいると、見えてくるんです!

本当です!!

頑張りましょう!!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)