矛盾

世の中、矛盾していることがたくさんあります。たとえば、私の文章も、一見すると矛盾していることがあるかもしれません。

たとえば、昨日は、「とりあえずやってみることが大切だ」と書きました。「ビジョンが見えないなら、考えてばかりいないで行動した方がいい」と書いたのです。

しかしながら・・・

また、ある時は、こんなことも書きます。

「きちんと、先のことを考えなきゃいけない。何も考えないで、目先のことばかりにとらわれていては、夢は実現できない」

さて。

どっちが本当なのか・・・

その答えは、どちらも本当。

一見矛盾するようですが、どちらも正しいと思います。

世の中には、こういうことがたくさんあります。

たとえば、

「2度あることは3度ある」

ということは、2度失敗したら、3度目も失敗するってことですが、

「3度目の正直」

ということは、2度失敗していても、3度目は成功するってことです。

どちらが本当かといえば、どちらの可能性もあるわけです。どちらかだけが正しいということはありません。

結局、バランスではないでしょうか?

最初の例でいえば、「ただ、ひたすら考える」のも、「ただ、ひたすら行動する」も、どちらもよくないということです。

やはり、考えたり、行動したりを、バランス良くすることが、大切だということです。そんなこと簡単だと思われるでしょう。ところが、意外にできないものです。大抵の人は、どちらかに偏るものなのです。

人には得手不得手があり、どちらかに偏る傾向があります。ですから、自分がどっちのタイプかを考えて、日頃から気をつけておくことが大切です。

自分を振り返る時間を作ることが大切なんですね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)