流行りもの

かつては、流行りものについて知らないと、ものすごく恥ずかしく感じました。何だか、時代遅れの人間のように思えたからです。

テレビ番組、ヒットしている音楽、映画、話題の本、雑誌、スポット、洋服・・・

とにかく、最新の情報を知らないと生きていられなかったわけです。

ところが、年を取って来るにつれて、いい年(っていくつかわかりませんが)して、流行りものに敏感すぎるのもどうかと思い始めました。無頓着でいるのではなく、「知ってはいるけど、自分は自分だよ・・・」そんなスタンスが格好良いかなと思い始めたわけです。

やっぱり大人の男は、自分のスタイルを持っていなくちゃ・・・

こういうと、流行を知らなくても、何となく格好良いですからね。さらに、流行を追いかけなくて良いというのは、情報に疎くても良いので、ある意味楽です。一生懸命、情報収集しなくても良いからです。

かくして、流行遅れのオヤジができあがってくるわけです。

そうこうしていると、今度は、安易に流行に飛びつく人たちを批判し始めるようになります。もちろん、面と向かっていう訳ではありません。流行を追いかけて嬉々としている人たちに対して、「そんな、流行に流されてどうするんだよ」と、心の中でつぶやくわけです。

そうやって、自分が流行に目を向けないことを正当化していくのです。

それはそれで良いとも思います。人は人。流行を追いかける人もいれば、追いかけない人もいる。どちらだって、好きにすればいいのです。

でも、時々思います。流行に流されてみるのも良いものだと。

「今、これ流行ってるんだって!!」

そういわれたものを試してみると、やはり、新たな発見があります。自分の趣味ではなく、現在の流行ですから、自分の知らない世界をかいま見ることができるわけです。

この辺は、一般的には、女性の方が強いようです。若いうちは、男女変わらず流行には敏感ですが、年齢を重ねるにつれて、男性は流行に疎い人が増えてきます。一方、女性は、それなりに流行には敏感です。

そのあたりも、中年以上の女性が、男性よりも元気に見える一因ではないか。

そんな気もします。

中年以上の男性は、仕事でも重要な役割があったり、他のことに気が回らなくなることもあるでしょう。だから、無趣味になってしまう。そんなおじさんたちが多いのだとも思います。

私も、その予備軍(もしかすると、すでに仲間入りしているかも)ですから、よく分かります。

でも、よく考えれば、女性だって同じ条件の人はいます。それでも、女性は仕事も、流行も、家庭も、しっかり目がいっています。

男だって、負けて入られません。時には、流行に乗ってみるのも良いでしょう。

「これ流行ってるんだって!!」

何も考えず、飛びついてみよう!!

そうやって新しい世界を見てみると、何だか、元気が出てくるような気がします。

1週間に1度くらい、そんなことをやってみても良いのかもしれない。

そんな気がしています。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)