自分を変える人が成長する

昨日ご紹介した、高校サッカーの監督の話。

この高校は、全国大会にもたびたび出場し、全国的にも有力校として有名なようです。従って、素質のある選手がたくさん集まってくるとのこと。

しかしながら、中学までどんなに優秀であっても、その後も順調に成長するとは限りません。逆に、中学まではそれほどではなかったのに、高校に入ってからぐ~んと成長する人もいます。成長の時期というのは、人によって違うわけです。

今回話題にしたいと思うことは、中学時代に、とても優秀で将来を期待されていた人です。

中学時代に優秀であれば、当然のように、高校でも活躍が期待されています。しかしながら、実際は、活躍できる人とそうでない人に分かれます。

その違いは何か。

もともと持っている素質の差かもしれません。

努力の違いかもしれません。

いろいろな要因があるでしょうから、一概には言い切れません。

ただ、この監督の言葉で印象に残っている言葉があります。

それは、

「プライドを捨て、自分を変える人が成長する」

という言葉です。

中学まで優秀であれば、ある意味周りからちやほやされています。自分でもサッカーの素質があると思っているし、高校でも活躍できると思っているでしょう。

「中学でうまくいっていたのだから、そのまま頑張れば高校でも活躍できる」

そう考えてもおかしくはありません。

しかしながら、問題なのは、「“そのまま”頑張れば」というところです。

何でもそうですが、中学と高校ではレベルが違います。同じやり方では、太刀打ちできないこともあるわけです。

そのとき、自分のそれまでのやり方を変えることができるかどうか。

これが、人の成長の大きなカギになるというわけです。

この話を聞いたとき、これはサッカーに限らないと思いました。ビジネスの世界でもまったく同じです。

年齢を重ねるごとに、その人なりの行動パターンや、思考のパターンができてきます。そして、自分では意識していないうちに、固定観念が強くなってきています。

それはいいことでもあるのですが、同時に危険でもあります。

経営者の方などを見ていても、大きく企業を発展させていくのは、固定観念を打ち破ることができる人のような気がします。

信念は持ちつつも、不要なこだわりを持たないこと。

難しいことですが、非常に大切なことではないでしょうか。

<まとめ>
・ブライドを捨て、自分を変えられるか
・気づかぬうちにできている固定観念を打ち破ることが大切
・信念は持ちつつも、変なこだわりは捨てることが大切

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)