理論と実践

子供の頃、よく野球をやっていました。みんなが集まってやる場合は、特にポジションは決まっておらず、その日の気分で決まっていました。でも、自宅で練習するときのポジションは、いつも決まっていました。

もちろん、ピッチャーです。

野球の主役は、ピッチャーです。もちろん、バッターもそうですが、一人でやって格好が付くのはピッチャーなのです。バッターは、ただひたすら素振りするしかありませんから。

そんなわけで、家では、よく投球練習をしていました。

もっとも、投球練習とはいっても、壁に向かってボールを投げるだけです。壁にはストライクゾーンを書き、初球は内角低めにストレート、2球目は外角低めにカーブなどと、分かったような分からないような配球をイメージしながら投げていました。

変化球の投げ方は、「野球入門」というような本を見て覚えました。

カーブはこうやって握って、こうひねる・・・
フォークボールは、こう握って、投げるときは手首を・・・

最初は、とりあえず、書いてある通り投げてみるのですが、なかなかうまくいきません。それでも、何球も練習していると、なんとなく様になってきます。読んだだけでは体得できなかったコツが、徐々に分かってくるからです。

微妙な握りの違いや、ひねり方のタイミング、強さなど、どうやったらうまく投げられるのか、体験から分かってくるのです。

子供ですから、飽きもせず投げ続けて、いろいろな変化球を習得しました。習得したといっても、自宅の投球練習では、という条件付きですが。

さて。

なぜ、こんな子供の頃の野球の話を書いたのかといえば、ふと「理論と実践」というキーワードが浮かんだからです。

結局、何事も、理論と実践のバランスが大切です。理論だけを知っていても、それだけではあまり意味がありません。仕事がら、どちらかといえば、理論が先に来る私としては、自分への戒めとして、「実践あっての理論だぞ!」ということを確認しようと思ったのです。

現在は、情報があふれています。それらの情報を収集すると、ある程度は分かったような気分になります。ところが、実際にやってみると、思ったようにはいきません。実践してみて初めて分かるということも多いものです。

これは、常に実践している人には、当たり前の話です。

「今さら、何いってるの?」

そう思われる方もいらっしゃるでしょう。でも、あまり実践しない人は、このことが分かりません。

「実践してみて初めて分かることがある」

このようにいうと、

「それは、予想の仕方が甘いんじゃないの?」

こう来ます。

確かに、予想の仕方が甘いのかもしれません。しかしながら、人間には、誰しも限界があります。何でもかんでも予想が的中する人がいるのなら、それこそ、大金持ちになったり、予言者として有名になったりするでしょう。

でも、そんな人には出会ったことがありません。少なくとも、これまで私が出会った人の中には、一人もいませんでしたし、そんな人がいるという話も聞いたことがありません。

やはり、人間の能力では、あらゆることを見通すことはできないと考えた方がいいのでしょう。

何でも、実際にやってみるときは、ちょっとした勇気が必要です。

何かを変える勇気。
一歩踏み出す勇気。
水原勇気。(おい!)

さて、私も、勇気を持って、実践に励むことにしましょう!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)