相手の立場になれるか

私が子供の頃。プロ野球の中継は、バックネット裏からでした。主審の後ろから、ピッチャーに対する形で、放送されていたのです

それが、いつの間にか、ピッチャーの後ろからバッターに対する形で放送されるようになりました。

これは、好みの問題で、どちらでも良さそうな気もします。でも、ふとそうでもないような気がしてきました。たまたま休みの日に野球中継を見ていて、自分のある傾向に気付いたのです。

それは、応援しているチームが守っているときに力が入るということです。ひょっとしたら私だけかも知れませんが、「よし、三振!」とか「あ~打たれた~」とか、守っているときの方が、応援に熱が入っているのです。もちろん、攻撃しているときも応援はしていますが、どうも力の入り方が違います。

攻撃の時は、今よりもいい状況になる可能性はありますが、悪くなることはありません。だから、攻撃の時は安心して見ていられるのかなと最初は思いました。逆に、守備の時は、今より状況がよくなることはなく、むしろ悪くなったり、逆転されたりするる可能性もあります。だから、守備の時に力が入るのかなと思っていました。

でも、どうやらそうではないようです。

なぜなら、ラジオ放送を聞いている時は、守備でも攻撃でも同じように力が入るからです。

では、なぜ、テレビの時は、守備の時に力が入るのか。。。

それを考えると、夜も眠れない。。。(かなり古い!)

でも、あることに気付きました。

要するに、カメラのアングルの問題なのです。

最近のテレビ放送は、ピッチャー側の目線なので、どうしてもピッチャーに感情移入してしまうようです。

「外角低めにストレートで三振!」とか、「よし、ここでフォークで三振!」とか、「インコースで詰まらせよう!」とか、無意識のうちに配球を考えながら見ています。

そして、討ち取ったり、打たれたり、ピッチャーとしての結果に、一喜一憂しています。

そのことは、自分が応援しているチームが攻撃しているときも同じで、自分で気がつかないうちにピッチャー側の心理で画面を見ているようです。でも、本当に応援しているのはバッター側なので、混乱が生じているというか、気持ちが入っていかないというか、そんなことになっているようです。

たかが、カメラのアングルくらいで。。。

そう思われるかも知れませんが、ちょっとしたことで、自分の意識は変わるものです。

たとえば、平社員からリーダーになったとき。
それまで分からなかったリーダーの立場が分かりました。

本社から支店に移ったとき。
どうして、本社が支店から苦情をいわれるのか分かりました。

独立して、自分で事業を行うようになったとき。
やめた会社の社長の立場が分かるようになりました。

相手の立場に立つ。

いうのは簡単ですが、実際には、なかなかできません。

分かっているつもりでも、分かっていないことが多いものです。

社長と社員。

上司と部下。

夫と妻。

親と子。

お互いが相手の立場を尊重していけば、もっともっとよい状況が生まれると思います。

そんなに簡単なことではありませんが、だからこそ、いつも意識することが必要かと思います。

人は、どうしても自分のアングルでものを見ていますから。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)