どんなときが一番楽しいですか?

先日、ある経営者と話をしていて、出てきた言葉です。

その経営者は、創業後順調に業績を伸ばしていて、売上、利益、社員数等も増えています。この不況下で影響を受けている部分もあるようですが、それでも順調に推移している会社です。

話をしていたのは、確か金曜日でした。

その経営者から聞かれました。

「明日はお休みですか?」
「えぇ、一応休みなんですけどね。いろいろやりたいことがたまっているので、それを片づけようと思っているんですよ。Aさんはお休みですか?」
「いや、僕も仕事です。やっぱり、なんだかんだやることがあって。。。(苦笑)」

お互いに、土曜日は休日なのですが、出勤して仕事ということでした。

そんなところから、日頃の趣味とか娯楽の話になったのです。

まあ、大体似たようなもので、飲みに行くとか、スポーツ観戦とか、ドライブとか、映画に行くとか、音楽を聴くとか、買い物に行くとか、犬の散歩をするとか、いろいろ出てきました。

でも、結局、二人の意見は一致したのです。

「やっぱり、仕事が一番楽しいですよね」

と。

仕事が楽しいなんて、頭がおかしいんじゃないかと思われるかもしれませんが、でも、いろいろ考えると、一番楽しいんですよ。少なくとも私は。。。

たとえば、クライアントのメンバーと共に、何とか目標を達成したときとか、研修などで大きな気づきを感じてもらったときとか、「ああ、今日は手応えがあったなぁ」という時が楽しさを感じる瞬間です。

その経営者は、

「数字が出て、目標に達しているとかしていないとか、これからどうしようかとか、そんなことを考えているのが、なんだかんだ楽しいんですよ」

そういっていました。

そしてひと言。

「だって、経営者ってそうじゃなきゃやってられないでしょ」

確かにそうかもしれません。

人によっては、どうしてそんなことが楽しいのかと思われるかもしれません。でも、そこに楽しさというか、やりがいというか、充実感というか、何かを感じるんです。

だから、長時間働いていても全然苦痛ではないし、休みがなくても平気なんです。

もちろん、仕事ばかりですと、身体や頭が固くなりますから、積極的な気分転換は大切です。少なくとも、週に1度は仕事から離れることも大切でしょう。その方が、リフレッシュできて、良いアイデアが出たり、集中できるようになることは間違いありません。

でも、仕事から離れなくても、平気なんですよね。

この経営者の会社が順調に伸びているのは、この経営者が仕事が好きで、そこに集中しているからなんだろうと思いました。

もちろん、短期的には、いくら仕事が好きで、集中的して取り組んでも、成果として表れないこともあります。でも、ある程度のスパンで見れば、うまくいく可能性も高くなるのだろうと思います。

好きこそものの上手なれ

とか、

これを知る者はこれを好む者に如かず
これを好む者はこれを楽しむ者に如かず

などという言葉もあります。

仕事を楽しみましょう!!

きっと、成果もついてくるし、何より幸せになれますから!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)