謙虚に学ぶということ

人間、いくつになっても、謙虚に学ぶことが大切だと思います。

いくつになっても、実際にその年になってみると、若いときに想像していたよりは、まだまだ未熟者であることが多いようです。

たとえば、私が小学生の頃、教育実習に来た大学生を見て、立派な先生であり、大人だと思いました。でも、自分が大学生になってみれば、まあ、そんな立派なものでもありませんでした。

30歳ぐらいになれば、もう立派な大人として、落ち着いているだろうと思っていました。でも、実際にそうなってみると、調子に乗って酒を飲み過ぎて二日酔いになったり、結構ハメを外したりしていました。まだまだ、子ども。そんな感じでした。

そして、これは私の話ではありませんが、昨年亡くなった叔父が60歳になったときのこと。

「60歳っていったら、随分年寄りだと思ったけど、全然若いね」

そんなことをいっていました。

結局、いくつになっても、まだまだ未熟で、まだまだ成長の余地があるのだろうと思います。

ですから、やはり謙虚に学ぶことが大切なんだろうと思います。

さて、謙虚に学ぶというのはどういうことか。

時々、熱心に学校に通ったり、セミナーに通ったり、講演を聞きに行ったり、本を読んだり、アクティブに学んでいる人がいます。

こういうのは、謙虚に学ぶということなのか。

何ともいえませんが、「学ぶ」ことと「謙虚に学ぶ」ことは、ちょっと違うと思います。

単に「学ぶ」のは、自分の好奇心の赴くまま、様々な知識やスキルを吸収しようということです。もちろん、これはこれで素晴らしいこと。どんどん積極的に「学ぶ」べきです。

でも、日常生活の中で、もっと大切なのは、「謙虚に学ぶ」ということ。

何が違うかというと、「謙虚に学ぶ」というのは、自分の好奇心を満たすためではなく、日常生活の中で起こったことから学ぶということ。

つまり、いろいろと気づいて、自分を変えていくということ。

これは、学校、セミナーなどに通ったとしても同じ。

要は、自分の考えとは少し違うことであっても、素直に受け入れる姿勢を持つこと。何でもかんでも受け入れる必要はありませんが、自分が常に正しいという思いこみを捨てて、他人の意見にも耳を傾ける。そして、良いことは受け入れる。

それが、「謙虚に学ぶ」ということだと思います。

私は、勝手にそう考えています。

そして、なぜ、「謙虚に学ぶ」ことの方が大切かというと、自分の小さな視野を広げて、もっと可能性を大きくしてくれるからです。

時々、自分は常に正しいというような、自信満々の人がいます。

危険です。

傲慢です。

たとえ、いくら学んでいても、謙虚さがなければ、人間としての成長にはならないと思います。

謙虚な人は、一見すると自信がないように見えることもあります。

でも、考えれば考えるほど、謙虚さは重要です。

傲慢にならず、思い上がらず、謙虚に学び続けるよう努力したいと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)