自己主張と謙虚さ

人間、いくつになっても、謙虚さを忘れてはいけないと思います。

どんなに成長したとしても、上には上がいる。

まだまだ、成長の余地はある。

そう考えると、いつも謙虚に学んでいくことが大切です。

でも、だからといって、何でも人のいうことを素直に聞いて、“自分”というものがないのも困りもの。

“自分”がありすぎて、人のいうことを聞かないのも困りますが、ある程度の自己主張は、あってしかるべきだと思います。

ところが、“自分”をしっかり持つことと、謙虚でいるということは、ある時点までは相反することです。

社会経験を積み、いろいろ勉強し、自分なりの実績をつくってくるからこそ自分ができてきます。そうすると、たいていの人は自信過剰になり、傲慢になります。謙虚さのかけらもないということにもなりかねません。

反対に、謙虚でいるのは、経験不足や実績不足など、まだまだ自信がないことの証だったりします。当然、自分をしっかりもって、自己主張することはできません。

若いうちから、バランスよくいけばいいのでしょうが、かなり難しいことだと思います。

たぶん、ある程度実績をつくって天狗になっていた人が、壁にぶつかり、鼻をへし折られて、挫折する。そんな経験をしないと、自信がありつつも謙虚になることはないでしょう。

そういうことを考えると、若いときに、少し調子に乗って失敗することは、とても重要なことだなと思います。

やはり、人は、痛い目に遭わないと成長しないのでしょうか。。。

確かに、大きな失敗をしたとか、挫折したことがあるとか、辛い経験をした人の方が、人間味があって、人間としての懐が深いですよね。

失敗とか、辛い経験じゃないにしても、何かに真剣に取り組むことが大切なのでしょう。

そういう意味では、研修などでお会いする若者たちには、何事にも真剣に、手を抜かず、逃げず、真っ正面からぶつかり、トコトンやり抜いて欲しいと思います。

今度会うときは、そうやってハッパをかけてみましょう。

もちろん、人のことをいうからには、私も同じ!

若い者には負けていられません!

おっと、それ、オヤジのセリフだよ。。。[E:coldsweats01]

明るく、活発な組織を作る社風改革コンサルティング

■ 人と会社を元気にするプロジェクト・浜の100年会メンバーのHP紹介

翼が折れるストレスをギフト(贈り物)に変えるNLP「NLPコーチング 」

今、開業をお考えでしたら「独立起業コンサルタント

人事労務全般のご相談は「社員力育成社労士 」桐生社会保険労務士事務所

一度の研修が人生を変える「社員教育 」ならHDI

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)