キャッツ

キャッツといえば、猫たち(って、直訳してるだけじゃん!)。

見てきました!

あまり詳しいことは知りませんが、4月に千秋楽を迎えるとのこと。終わってしまうとなると、見たくなるのが人情というもの。今のうちに見ておこうとチケットを購入したのでした。

しかし。

実は、何を隠そう、私はどうも舞台というのは苦手。芝居もミュージカルもオペラも、どれもアレルギーがあります。どうしてかというと、いちいち表現が大げさだからです。

どうしていきなり歌うの?

話せばいいのに・・・

急に踊り出すなよ!

そんなことを思ってしまうわけです。

それなら見に行かなきゃいいのですが、最近だんだんと好きになってきました。

きっかけは、去年の夏に見た、Swing!というミュージカル。これがよかった!音楽もよかったし、パフォーマンスもよかった!

ホールの中が別世界のようで、夢を見ているような感じ!

その後、様々な舞台を見ようと思って、フィガロの結婚とか、ソウルオペラ魔笛とか、いくつかチャレンジし、そして今回のキャッツ。

これもよかった!

会場はキャッツ・シアターというぐらいで、キャッツ専用。仕掛がいろいろあります。そして、客を惹きつける様々な演出。

そして、忘れちゃいけないのは、役者さん達の歌や踊りの素晴らしさ。もっとも、私の目では、踊りの善し悪しは判断できません。あるレベルを超えれば、私にとっては、みんな素晴らしい!!

会場との一体感、高揚感、役者達のパフォーマンス、そしてサービス精神。

とてもよかった!

どうやら、何度も見に来ている人がたくさんいるようで、拍手のタイミングとか、次に何が起こるのか知っているみたい。待ってました!!って感じで、喜んでいましたからね。

確かに、もう一度見てみたい。。。

一度だけだと、どの猫がなんなんだか、理解できません。それぞれ毛並みや色が違うんですが、動き回っているし、似ているし。。。

みんな猫だし。。。(←当たり前!)

その中で1匹だけ気になる猫がいました。スリムな雌猫。他の猫と比較して、毛が短くて、異彩を放っているのです。調べてみたところ、タントミールという名前らしい。。。

解説によれば、「セクシーでミステリアスな雌猫」だそうです。

確かに、そんな感じ。

他の猫の名前も覚えられるぐらい見てみたい!

でも、時間がない!!

カネもない!!

でも、もう一度見てみたい!!

おっと、チケットは完売だそうで。。。

残念!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)