どうでもいいけど、ヒゲダンス

先週、5月16日の山下達郎師匠のサンデーソングブックを聞いていたところ、懐かしいサウンドが聞こえてきました。

あれは私が中学生ぐらいだったでしょうか。

ドリフのヒゲダンスが流行っていたんです。軽快なテーマで、あの独特の振り。結構、みんな真似していたような気がします。

そのテーマとそっくりな曲がかかりました。

その曲は、Teddy Pendergrass の「 Do Me 」

志村けんさんがブラック・ミュージック好きだったのでこの曲を使ったという話は、以前に聞いたことがありましたが、改めて聞いてみると、この曲をお笑いのテーマとして使うというセンスがすごいなと思います。

このリズム(ベースも含めて)パターンは、たぶん、当時のブラック・ミュージックとしても斬新だったんじゃないかと思うんですが、それを使っちゃうんですからね。

でも、この曲の軽快さ、ノリの良さがあったから、ヒゲダンスは受けたんだと思いますし、そういう意味での選曲のセンスもさすがです。

というわけで、Youtubeにこんなのがありましたのでどうぞ。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)