芸の道(ミュージシャン編)

ミュージシャンというと、クラシックの演奏家よりも、ロックとかポップスなどの演奏家(とはいいませんが)をイメージすると思います。

クラシックの演奏家は、きちんとした服装で演奏し、格調高い雰囲気が漂っています。[E:shine]

一方、ロックは、Tシャツにジーンズとか、普段着何だか衣装何だか分からないような場合もあります。ビジュアル系バンドなんかは、「ビジュアル」系ですからおしゃれですが、ワイルド系のロックだと、当たり前ですが服装もワイルドです。

ロックというのは、今でこそ普通の人も聞く、普通の音楽の一ジャンルですが、最初の頃は不良の音楽でした。ロックのコンサートに行くといえば、「そんなところにいくんじゃありません!」と親から怒られるようなものだったそうです。

その名残は、今でも残っています。

服装とか、態度とか、言葉とか、行動とか。

しかしですね。

昨日のお笑いの芸じゃありませんが、ミュージシャンというのも、これは半端なく地道に練習している人たちです。

ギターソロをワイルドに決めるギタリスト。

髪は茶髪で、男だか女だか分からないぐらいの長髪。

曲間のMCでは、何だか不良の香り。

しかしですね、そのギターソロを決めるために重ねてきた練習というのは、ものすごいものがあるんです。

私もミュージシャンの端くれですから分かりますが、ちょっとしたワンフレーズがかっこよくて、そのために何十回、何百回と練習を繰り返すのです。

今、私がはまっているのはドラムス。

曲の切り替わり(AメロからBメロへ)のところで、「ドッタンタカトン」とやるフィルインを決めたくて、それをひたすら練習したりしています。

今決めようとしているのは、

タッタトタタタタタドドドトタタッタッタドタタトン[E:note]

というフレーズ。

訳が分からなくてすみません。。。

だって、文章でどうやって表現すればいいか分からないんですよ~[E:crying]

でも、これがかっこいい![E:happy02]

でも、難しい![E:sad]

途中ではねたり、細かい動きがあったりして、ずれるんです。[E:coldsweats02]

ずれるとかっこ悪いんです。[E:wobbly]

だから、ひたすら練習するんです。[E:think]

ミュージシャンたちは、誰でもそうやって、すんごく練習してきた人たちです。

でも、それがそう見えないんですよね~[E:shine]

それがかっこいい。[E:lovely]

たぶん、練習してるとはいっても、嫌々やらされている練習じゃないということもあるんでしょうね。

好きだから、楽しいから、うまくなりたいから、ひたすら練習する。

嫌いな人から見れば苦行でも、好きな人にとっては楽しみ以外の何ものでもない。

仕事もそうなればいいんですけどね。。。[E:coldsweats01]

まあ、とりあえず、私は、

タッタトタタタッタドテッ・・ドドッッドッド・・・

ダメだこりゃ![E:shock]

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)