高い買い物

買い物をすると、
「いやぁ、これはお買い得だった!ラッキー!!」というときと、
「あぁ、高い買い物しちゃったな」というときがあると思います。
さて、この「高い買い物」。必ずしも、支払った金額が高いから「高い買い物」になるわけではありません。
たとえば、欲しくて欲しくて仕方がなかった、スポーツカーを買ったとしましょう。価格は300万円。300万円といえば、私にとってははした金ですが(うそ)、普通の感覚ではかなりの大金です。でも、だからといって、この買い物が「高い買い物」かというと、必ずしもそうとはいえません。
もちろん、これが高い買い物になる可能性もあります。でも、「いやぁ、いい買い物をしたなぁ」と思う可能性も大いにあります。
その分かれ目はどこにあるのでしょうか?


一つのポイントは、買う前の期待値です。よく言われることですが、購入前の期待を上回る価値を提供すれば、お客様は満足します。そうすれば、「いい買い物だった」と思ってもらえるわけです。
当然、期待値を下回れば、お客様は不満を持ちます。「高い買い物しちゃったな」と思うわけです。
私にも経験があります。ある時、100円ショップで修正テープを買いました。300万円ははした金ですが、文房具を買うのに無駄な資金を投入したくなかったので、100円ショップで買おうと思ったのです。
100円ショップというのは不思議なところで、よくよく計算してみると安くないものもたくさんあるのに、ものすご~く安い買い物をしたような気になります。その日、私も、お得な買い物をしたと得意満面で帰りました。
事務所に戻って、しばらく仕事をしていたところ、うっかりミスをしてしまいました。
「おぉ、早速、さっき買ってきた修正テープを使ってみようではないか」
別に、修正テープを初めて使うわけじゃなし、何度も使ったことはあるのですが、なぜか、ワクワクしながら使ってみたわけです。
ところが・・・
残念なことに、どうもうまく使えないのです。切れが悪いというか、テープの回転がスムーズでないというか、何度やってもテープがうまく切れず、ビョーンと伸びてしまうのです。
「どうも、うまくいかないなぁ・・・」
その日は、2つ修正テープを買ってきていたので、もう一つの方も試してみましたが、同じでした。
「何だよ、この修正テープは!高い買い物しちゃったな」
思わず、そう思いました。冷静に考えれば、私の使い方が悪かったのかもしれません。某有名メーカーの修正テープの使い方はマスターできたのですが、まだまだ、技術が未熟なために、この修正テープを使いこなすことができなかったのかもしれません。
確かに、私は、修正テープをそれほど使いこなしているとはいえないかもしれません。
でも!
使用する側としては、そんなことは関係ありません。
「この修正テープが悪い!(俺は悪くない!!)」
そうして、
「あ~あ、高い買い物しちゃったなぁ」
と思うのです。(実際は、たった200円の買い物ですが・・・)
それ以来、私は、100円ショップで修正テープを買うことはありません。「100円ショップで買う修正テープは、絶対に品質が悪い」と思いこんでいるからです。
※実際どうなのかは分かりません。私の小野瀬の個人的意見です。あしからず。
いずれにしても、大切なのは、「お客様がどう感じるか」ということ。
理屈ではなく、感覚が大切ということですね。
(小野瀬 真也)

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)