ちょっとしたことの積み重ねが、ものすごいことになる

ちりも積もれば山となる
ローマは一日にしてならず

日々の積み重ねが大切だという格言はいろいろあります。

格言でそれだけいわれているだけあって、やっぱりその通りなんだろうなと思います。

いい会社と悪い会社は何が違うか。

一概にはいえませんが、結局は、いろいろなことがちょっとずつ違うのではないかと思います。

たとえば、挨拶。

私がおじゃますれば、どんな会社の社員さんも挨拶してくれます。でも、その挨拶の仕方は、会社によって違います。

ある会社では、入口を入ると、全員が起立して「いらっしゃいませ!」と大きな声で出迎えてくれます。照れくさいので、気付かれないようにひっそりと入っていくんですが、まあ誰かが気付きますので、そうすると全員が起立して「いらっしゃいませ!」ということになるんです。

またある会社では、ちょっと頭を下げ、「ちはっ」みたいな挨拶。

挨拶するだけいいと思いますが、でも今ひとつ。ここで印象は大きく違います。

これが小売業、サービス業だったら致命的な欠点になるかもしれません。

大きな声だけではなく、笑顔も問題になるでしょう。

とりあえず挨拶
大きな声で挨拶
引きつった笑みで挨拶
ニコッと挨拶
満面の笑顔で、元気よく挨拶

挨拶一つとっても、かなり違います。

でも、本気でやろうと思えば、誰でも、どんな会社でも最高の挨拶を実行することはできる。

ところが、実際にそれができているかというとそうではない。

そのような違いの積み重ねが、本当に素晴らしい会社とそうでない会社を分けるのです。

で、そのような違いというのは、すべてにおいて、少しずつ違うのだと思います。

飲食店でいえば、挨拶がよければ、接客サービスも、店の清潔感も、料理の質も、みんなちょっとずついいのです。

挨拶が今ひとつのところは、接客サービスも、店の清潔感も、料理の質も、みんな今ひとつなのです。

総合的に見たら、ちょっとの違いどころではすみません。

挨拶のよい店が繁盛して、挨拶の今ひとつな店は繁盛しなくなるのも当然のことです。

お客様は、トータルで見て判断します。総合的に見て、自分にとっていいものを選択します。

ダントツの商品をつくるべき

確かにそうですが、その商品とは、商品そのものではなく、店全体と考えるべきでしょう。

で、それをやるためには、挨拶とか掃除とか、そういうところから始まるんですよね。

ちょっとした規律とか。。。

「いい会社は一日にしてならず」ってことですね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)