イチロー選手引退!

ついに、その日が来てしまいました。

オープン戦でなかなか打てず、でも、公式戦になったらまた打ってくれるんじゃないか。そんな淡い期待もありましたが、最後の2試合でヒットを打つことはならず。2試合目の途中で、引退が発表されました。

思えば、まだイチローがオリックスでプレーをしていた時。千葉ロッテとオリックスの試合を、千葉マリンスタジアムに見に行ったことがあります。席は、一塁側の外野より。ライトの守備位置のすぐ近くです。周りは、熱心なロッテのファンばかり。

友人と二人で見に行ったのですが、私たちは、ロッテファンではありません。お気づきでしょうが、イチローを見に行ったのです。だから、イチローが守備につくライトの近くの席を確保。目の前というほどではありませんが、かなり近くでイチローを見ました。

イチローのレーザービームに期待していたのですが、あまり見られませんでした。だって、ロッテの選手が走らないんだもの。ランナー2塁のライト前ヒットは、3塁で止まるし、ランナー3塁でライトフライも、タッチアップしないし、ランナー1塁でライト前ヒットでも2塁で止まるし・・・(苦笑)まあ、それでも投げてくれたりするので、おーすげぇ!と生レーザービームをそれなりに堪能したことを覚えています。

イチロー選手は、本当にプレーで客を呼べる選手でしたよね。

だれもがすごさを認める偉大な選手ですが、試合後の会見でのコメントもさすがでした。

私が一番印象に残っているのは、印象に残っているシーンについて聞かれた時のコメントです。

今日を除いてですよね。この後、時間がたったら今日が一番真っ先に浮かぶのは間違いないと思います。それを除くとすれば、いろいろな記録に立ち向かってきたんですけど、そういうものは大したことではないというか。
自分にとって、それを目指してやってきたんですけど、いずれそれは僕ら後輩が、先輩達の記録を抜いていくというのはしなくてはいけないことでもあると思うんですけど、そのことにそれほど大きな意味はないというか。そんな風に今日の瞬間を体験すると、すごく小さく見えてしまうんですよね。その点で、たとえば、わかりやすい10年200本打ったとか、MVPをとったとか、オールスターでどうたらというのは、本当に小さな事にすぎないと思います。
今日の舞台に立てたということは、去年の5月以降、ゲームに出られない状況になって。その後にチームと一緒に練習を続けてきたわけですけど、それを最後まで成し遂げられなければ、今日のこの日はなかったと思うんですよね。今まで残してきた記録はいずれ誰か抜いていくとは思うんですけど、去年の5月からシーズン最後の日まで、あの日々はひょっとしたら誰にもできないことかもしれない。ささやかな誇りを生んだ日々であったと思うんですよね。去年の話だから近いということもあるんですけど、どの記録よりも自分の中では、ほんの少しだけ誇りを持てたことかなと思います。

これです。

イチロー選手が一番印象に残っているのは、誰もが注目し、素晴らしいと絶賛するような偉大な記録じゃないんですよね。試合に出られなくなった去年の5月からの日々。そこで練習を続けてきた日々。それが、一番印象に残っていると。それが、イチロー選手が誇りに持てることだと。

でも、なんか分かるような気もするんです。私なんかが分かるとか言っちゃいけないのは百も二百も承知の上でいいます・・・

いい記録を出したときって、多少不調だったり、苦しい時期があったとは思うんですけど、乗ってるときなんですよね。記録の重圧とか、いろいろあるとは思うんですけど、それでも好調で、元気で、勢いがあると思うんです。だからこそ、記録が出たり、いいプレーができたりしてるんだと思うんです。

でも、昨年の5月からの境遇は、全然そうじゃない。さすがのイチロー選手でさえ、今後試合に出られるかどうか分からない。第一、去年のマリナーズとの契約だって、簡単に決まったわけじゃない。さすがのイチローでも、球団が決まらないのではないかという中でやっと契約できたのがマリナーズ。そしたら、会長付特別補佐になって、今年は試合に出ないという。。。これって、引退勧告???というような状況だったわけです。

そんな明るい未来を描けない中、日々練習を積んで、現役続行のために今までと同じ調整をする。でも、いつ試合に出られるかは分からない。。。でも、練習は今まで通り。。。

これこそ、イチロー選手の真骨頂じゃないかって思うんです。

要するに、努力の天才というんでしょうか。

私は、この部分を自分の胸に刻みたいと思います。

どんな境遇に置かれても、最善の努力をする。できる限りの準備をする。

あきらめずに、地道に努力をしていれば、何らかの道が開ける。

といっても、「努力すれば夢は必ず叶う」というのは、残念ながら真実じゃないと思います。

でも、努力したことは、何らかの形で自分のためになると思います。

私も、日々最善の努力をし、できる限りの準備をし、仕事に励んでいきたいと思います!

イチロー選手、お疲れ様でした!

ありがとうございます!!