企業変革の進め方 ~ 4つのパターン

ごく当たり前のことですが、状況や目的によって、企業変革の進め方は異なります。目的は、割と同じようなものになると思いますが、状況については、それぞれ千差万別。つまり、極論すると、企業変革は、すべてが独自の進め方をしなければなりません。

ただ、ある程度の分類はできます。

たとえば、緊急性が高いか、高くないか、方向性が明確か、明確でないかで、以下のように4つのパターンに分類できます。

① 緊急性が高くて、方向性が明確
② 緊急性が高くて、方向性は不明確
③ 緊急性が高くなく、方向性が明確
④ 緊急性が高くなく、方向性が不明確

① 緊急性が高くて、方向性が明確

この場合は、社長のトップダウンで、改革を進めるといいでしょう。

どんな改革でも、基本的にはトップの主導で行いますが、このパターンの場合は、具体的な計画づくりや実行段階までトップが介入していきます。

緊急性が高いので、人材育成などについては目をつむります。まずは、とにかく結果を出すことが重要なので、トップのリーダーシップのもと、改革を進めていくことになります。

方向性も明確で、何をするのかも明確であれば、あとは実行あるのみです。

② 緊急性が高くて、方向性は不明確

緊急性が高いとはいうものの、改革の方向性が不明確ということもあります。業績が悪化しているが、その改善策が見つかっていないというような状況です。

そのときには、社長をリーダーとして、社長直下のプロジェクト方式がいいでしょう。

方向性を明確にする作業を、このプロジェクトで行います。緊急性が高いので、将来のリーダー候補を育てるとか、人材育成的な面よりも、結果が重要になります。プロジェクトに社長が参加し、リーダーとして引っ張っていくことになります。

方向性が見えてきたら、実行段階になりますが、社長主導のもと、プロジェクトメンバーを中心にして展開していくことになります。

③ 緊急性が高くなく、方向性が明確

今のところ、業績は安定しているが、このままでは将来に不安がある。その対策として、新たな方向性が明確になっている場合は、現場リーダー主導で、改革を進めていくことがよいでしょう。

緊急性が高くないので、すぐに結果を出すことよりも、将来のための人材を育成するという観点を重視します。

改革のきっかけづくり、方向性の提示は社長の役割になりますが、それを展開していくのは、現場リーダーの役割です。新しい方向性を現場で展開できるように、リーダーを育成していくことが必要になります。

そのためには、すでに決まっている改革の方向性を、あえて、現場リーダーたちに検討させることも一つの策になります。決まったことをやるだけでは、自分で考えるようになりません。自分で考えていないと、いつまでたっても何らかの意志決定ができるようになりませんし、会社の状況、外部の環境などに、関心を持つこともないでしょう。

緊急性が高くないので、リーダーたちの意識改革、リーダーシップの開発などを意識しながら、現場リーダー主導で改革を進めていくことになります。

④ 緊急性が高くなく、方向性が不明確

今のところ、業績は安定しているが、このままでは将来に不安がある。ただ、その打開策は明確になってはいない。

そんな場合は、現場からのボトムアップで、改革を進めていくとよいでしょう。

そのためには、現場リーダーが中心になって、それぞれの現場で、会社の将来について考えていく必要があります。ですので、③の進め方と共通の部分が多くなります。現場リーダーの意識改革、リーダーシップの開発などは前提条件になります。その上で、現場メンバーに考えさせて、新たな方向性を明確にして、改革を進めていきます。

4つのパターンの中で、もっとも組織開発の色が濃くなる進め方になります。

以上、大きく4つに分類してみましたが、その会社の置かれている状況によって、少しずつ変わってきます。

この分類では、緊急性が高い場合は、人材育成、組織開発的な面は重要視していませんが、緊急性が高いけれども、人材の育成、組織開発・活性化が必要な場合もあります。

緊急性が高くない場合は、現場リーダーが中心の展開になっていますが、現場リーダーの力が十分ではなくそこまでできないので、しばらくの間は社長が中心にならなければいけない場合もあります。

また、途中からアプローチを変更する場合もあります。たとえば、社長のトップダウンで進めようとしたが、あまりにもメンバーが付いてこない場合。メンバーの意識を変えることが最優先になるので、結果を出すための活動よりも、メンバーの意識改革に注力する場合もあります。

企業変革では、ある程度のパターン、法則を意識しておく必要がありますが、状況に応じて、臨機応変な対応をすることも重要です。

タイミング良く切り替えるためには、状況を見極め、その状況に最適な策を選択する力が必要になります。

そこが企業変革が難しい一つの要因ではないかと思いますが、まずは4つのパターンを覚えておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)