楽しい会社をつくろう!

前からず~っといっていることなのですが、せっかく会社を経営するのなら「楽しい会社」にしよう、ぜひしたいな、と考えています。

こんなことをいうと、
「仕事(経営)はそんなに甘いもんじゃない」
「楽しくないことをするから仕事なんだ」
「そんなめでたいことをいってたらつぶれちゃうよ」
などなど、たくさんの反論が返ってきます。

でも、本当にそうでしょうか?

私だって分かっています。

確かに経営は大変です

売上を上げるためには、相当の努力が必要で、場合によってはとんでもない苦労が伴うことも。

ある程度仕組みができていたり、顧客の基盤があるならまだしも、創業当初の何もない状況であれば、商品を1個売るだけだって大変なこと。

それを楽しいって、何言ってるんだ?

そう思われてもおかしくないことは分かっています。

でも、創業当初の本当に初めての1個を売るまでのプロセスって、単なる苦労なのでしょうか?

ただただつらいだけの毎日でしょうか?

働くことはつらいだけじゃない

私も経験しているので分かりますが、不安だし、焦るし、うまくいかなくてがっかりするし、確かに大変な毎日だともいえます。どんどん時間だけが過ぎていくような気がして、この先どうなるんだろう?と思ったりもします。この先一生売上が上がらなかったらどうしようと考えたこともあります。

でも、そんな中でも、見込客からいい反応をもらってうれしかったり、仕事にはつながらなくてもいい関係をつくれそうな人と出会ったり、少しずつ形になっていくことが実感できてホッとしたり、結構充実していたとも思うのです。

仕事とは、みんなそんなものではないでしょうか?

つまり、大変なこともあるけど、その分、得られるものもある。
努力すれば何らかの見返りがある。
自分の為にやっていることであれば、苦労も苦労とは思わない。
自分が心底打ち込める仕事があるからこそ、充実した人生になる。

やらされている仕事はつらい

ただ、サラリーマンだったときには、そう思えないときもありました。

「明日、会社に行きたくないなぁ」
「ああ、今日で休みも終わりかぁ」
「午後の会議、憂鬱だなぁ」
「早く18時にならないかなぁ」
「この仕事、誰か代わりにやってくれないかなぁ」

何ということでしょう!!(苦笑)

どうしてそんなことになるかというと、ひと言でいえば「やらされているから」

自分の意思で仕事を選んで、自分の意思で仕事をしようとしていないから。

やらされている仕事はちっとも楽しくないし、苦労はただの苦労で、つらいことばかり。

何も得られることはありません。救いなのは、毎月25日給料がもらえるということ。

それだけ!

自分の意思で働くようにすれば、仕事はそれほどつらくない

一方、創業当初は、毎月25日の給料はありません。もっといえば、いつ給料が入るかも分かりません。

しかも、仕事は18時になったら終わりというわけでもありません。いつ終わらせようが誰からも文句を言われないのですが、いわれなくても遅くまで残業です。

週休2日でもありません。下手したら年中無休。夏休みは海外旅行などといっている場合ではないどころか、夏休みそのものがないかもしれません。

それでも、そんなにイヤじゃないし、つらくもない。

自分で決めてやっていることだから。

私が「楽しい会社」をつくろうっていうのは、誰もが自分で決めて仕事をやっている状態にしようということです。

もちろん、事業主のように何もかも自分の意思で決めるというわけにはいきません。会社の中でのルールがありますし、他のメンバーとの関係もあります。

それでも、単にやらされている仕事にならずに、自分の意思で仕事をしようという状況を作り出すことはできるはずです。

社員全員が個人事業主のようなモチベーションで働く会社

ドラッカーがなんかの本で書いていました。

「社員が、全員個人事業主のようなモチベーションで働くようになれば最強だ」(表現は違うかもしれませんが、内容はこんな感じ)

私もそう思います。

そういう会社をつくれば、社長も社員もハッピーになれる。

さらに、それだけモチベーションの高い社員が提供する商品・サービスがあれば、顧客だってハッピーになれる。

みんなハッピーになれる!!

もちろん、そんなに簡単なことではありません。理想主義的な面もあるので、どこまで実現できるかは永遠の課題かもしれません。

それでも、そこを目指すというのはありなのではないでしょうか。

楽しい会社は、ブラック企業の対極にあります。

これからの時代は、ますます重要なことではないでしょうか。