中途採用の社員を生かす!即戦力として活用するための重要ポイント

即戦力として期待して採用した社員。
期待通りに活躍してもらうためにはどうしたらよいのでしょうか。
即戦力として活用するための秘訣をお話しします。

 

即戦力として期待して採用した社員。

期待通りに働いてくれることもあれば、期待外れのこともあります。

統計を取ったわけではありませんが、期待外れのケースが多いように思います。

多くの経営者が、「中途採用の社員はすでに色がついているので、自社にマッチしにくい。新卒の社員は育つまでに時間がかかるが、自社に合わせて育てられる」といいます。

確かに、中途採用の社員は、自社のカラーとは違うかもしれません。それを受け入れにくい「異物」として見るか、自社にはない新鮮なものをもたらしてくれる貴重なものと見るか。そのスタンスが重要です。

「異物」として捉えるのであれば、原則、中途採用はやめて、新卒採用オンリーを目指す方がいいでしょう。新卒が採用できないから中途採用で補うこともあるでしょうが、それは緊急避難的な措置として、できるだけ新卒採用できることを目指すべきです。

一方、中途採用の社員が、自社にはない新鮮なものをもたらしてくれる貴重なものとして捉えるのであれば、これは大いに採用していくべきです。

ただし、注意すべき点があります。

入社前に、うちはこんな会社だということをはっきりと伝えておく

それは、まず採用を決める前に、自社がどんな会社なのか、何を大切にしているのか、どんなポリシーがあるのか、社員にはどんなことを求めているのかということを、はっきりと明示しておくことです。

それを理解した上で入社してもらうという段取りが必要です。

そうしないと、入社してみたら想像していたのと違ったというミスマッチが多くなります。それを防ぐために、どんな会社なのか、社員に何を求めているのかをはっきりと示しておくのです。

入社後は、貴重な意見として尊重していく姿勢を持つ

それを前提として、入社したあとは、その社員の別の会社での経験や知識を貴重なものとして尊重していくことが必要です。

中途採用の社員は、どうしても以前在籍していた会社と比較してしまいます。そして、以前いた会社の方が基準になってしまうことが多いものです。人によっては、それをはっきりと口に出すこともあるでしょう。

もちろん、これはあまり褒められたことではありません。前の会社は前の会社。ここはここ。前向きに、建設的な意見として述べるのならいいのですが、単なる文句、愚痴として「前の会社はどうだった」というのは、避けてもらわなければなりません。

ただ、そうはいうものの、それをまったく聞かないというのももったいない話です。そこには、自分たちが気付いていなかった新鮮な何かがあるかもしれないからです。

ですから、以前の会社がどうだったという話を、こちらから積極的に聞いてみるのも一つの手です。

そうすることで、中途採用した社員を尊重することになります。何か一つでも社内で生かされていけば、自分が役に立ったという思いや、この会社の一員になれたという思いが強くなります。

「前の会社がどうだった」ということに振り回されるのはよくありませんが、よいところをうまく使っていくことは、自社の成長に有益なことです。中途採用の社員を生かす道でもあります。

中途採用の社員を生かすための、重要なポイント

というわけで、中途採用の社員を生かすための、重要なポイントは2つです。

  1. 入社前には、うちはこんな会社だということをはっきりと伝えること
  2. 入社後は、その社員の意見を聞いて見ること