リーダーとして、フォロワーとして、それぞれのあり方

誰でもそうだと思いますが、自分がリーダーになったり、フォロワーになったりすると思います。

会社では社長なのでリーダー。
家に帰ると奥様がリーダーなので、フォロワー(苦笑)とか。

あるいは、通常業務では、課長なのでリーダー。
幹部会議では、社長をはじめ、役職者が集まるのでフォロワーなど。

なので、たいていの人は、リーダーになった人の苦労、大変さが分かると思います。

その立場になったことがなければ、すべてが分かる訳ではありませんが、ある程度は想像できると思うのです。

私は、こういう「想像」はとても大切だと思います。

いいかえると、人への「思いやり」といってもいいかもしれません。

フォロワーがリーダーに対して思いやりというのは、少し妙に思えるかもしれません。でも、とても大切だと思います。

そういう「思いやり」があるかないかで、世の中楽しくもなれば、ギスギスしてイヤな雰囲気にもなります。

こんなことを思ったのは、コロナウイルス関連のことについてのいろいろなコメントを見るからです。

私は、総理の味方をするわけではありませんが、専門家でさえこの先どうなるか明言できない中で、何らかの決断をしなければならない国のリーダーには、相当のプレッシャーがあるはずです。

どう決断しても、批判されるのは当たり前。

現実として、何らかの動きがなければ「何もやらない」「対策が遅い」と言われ、
思い切って決断すれば「急すぎる」「責任取ってくれるのか」などと言われる。

もちろん、言いたくなる気持ちも分かりますけどね。

でも、そういうことを言ったところで、何かが生まれるわけではないのです。

本人のストレス解消にはなるのかもしれませんね。

でも、世の中のためには何もならない訳です。

もちろん、中には有効な提言などもあるのでしょうが、コメントの多くは、とりあえず言いたいことを言っているだけのような印象を受けます。

今のような状況になってしまったら、自分にできることを、黙々とやればいいのではないでしょうか。

厳しい状況になっている会社もあると思いますが、何とか乗り切っていきたいですね。