慣れとの戦いに勝つためにはどうしたら良いか?

気が付けば、10月ももう最後の週。
本当に月日が経つのは早いものです。

コロナの感染者は、いつの間にか激減。
今日から、東京などでも時短が解除されますね。

すっかり飲みに行かなくなってしまった私は、
時短が解除されても、行動パターンは、
あまり変わりそうにもありません。

慣れちゃったんですよね。

人間は「慣れる」んですよね。

これがすごいところでもあり、
恐いところでもあります。

この「慣れ」が、会社にとっては、
大きな問題だったりしますよね。

もちろん、良い意味の「慣れ」もありますが、
悪い方の「慣れ」も、結構あります。

仕事に慣れることで、油断する。

いつもの通りやればいい(確かにその通り)と、
気を抜いたら大失敗!

挽回できる失敗なら良いんですけど、
そうじゃないとしたら・・・

ああ、恐ろしい・・・

そうならないように、
しっかりと締めておこうと、
きつく、厳しく指導する。

ところがですね・・・

人は、これにも慣れるんです。

最初のうちは、そういう厳しい指導があれば、
ピリッと引き締まって、
よい意味での緊張感が高まって、
良い感じになります。

ところが、しばらくすると、
この厳しい指導が当たり前になる。

そうすると、同じ指導では、
ピリッとしない。

これじゃあマズいと、
もっと厳しく指導。

すると、少しはピリッとする。

でも、そういった厳しい指導は、
行き過ぎると、過剰な緊張感と、
プレッシャーを与え、
社員を疲れさせちゃうんですよ。

だから、その指導が終わると、
突然解放され、緊張感がゼロに・・・

そこで、また大失敗が起こる・・・

最悪ですね。

では、どうすれば、この「慣れ」に
勝つことができるのでしょうか?

う~ん、これは難しい!

だって、人は、絶対に、何にでも
慣れてしまうからです!

だとしたら、「慣れ」に打ち勝つとかではなく、
常に「慣れ」が存在することを前提に、
うまく対処していく必要があるのです。

そのためには、
表面的に対処するのではなく、
本質的な対応をしていくといいでしょう。

その一つは、社員の本音をしっかりと把握することです。

大丈夫ですか?

私の経験では、
自分が思っているほど、
把握できてはいないことが多いですよ。。。

念のため、確認してみることをお勧めします。

そんなときオススメなのが!

『社員の本音を引き出し、やる気を高める方法』

という、部下の育成に役立つPDFレポートです。

無料でダウンロードできます。

ご興味のある方は、こちらからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)