鉄は熱いうちに打て!!

さて、今は、全国的に新入社員研修のシーズンです。
私は、研修などが仕事の一部ではあるものの、新入社員研修はやったことがありません。受けたのも、もう十数年前で、新入社員研修とは縁遠くなってしまいました。
・・・と思いましたが、よく考えれば、中途入社した会社でも受けましたので、数年前にも一度、新入社員研修(もちろん、中途採用者向け)を受けたことがありました。
で、今日は、新卒、中途に関係なく、新入社員のモチベーションについて書こうと思います。
まず、第一に申し上げたいのは、入社早々からやる気のない人はいないということです。


「いや、そんなことはない。近頃の若いやつはやる気なくて」
そんなことを思われる方もいるでしょうが、基本的には、入社早々にやる気がない人など、ほとんどいません。
もちろん、人によって、ものすごくやる気がある人と、あまりそうでもない人の差はあります。でも、ある個人をみた場合、入社早々が、モチベーションの高い時期であることは間違いないのです。
その後の対応がうまくいけば、さらにモチベーションを上げることができ、社員はイキイキと働くようになっていきます。ところが、うまく対応できないと、最初の頃のやる気はどこへやら・・・
いつの間にか、やる気のない社員に成り下がってしまうのです。
かつてよく言われていた五月病(もはや死語?)などもその一つでしょう。今、目の前にある現実と、入社前に持っていた自分のイメージとにギャップがあり、モチベーションが低下しているわけです。
では、どうしたらよいのでしょうか?
それについては、ちょっとメルマガのネタに使わせて頂こうかと思いますが・・・そういいつつも、もっとも重要なことを一つだけ。
それは、その人が、「何を考えて、何を求めて、何のために、この会社に入ってきたのか」を把握することです。
それが分からなければ、その人のモチベーションを上げることは、とても難しいはずです。
たとえば、同じ営業に配属になった2人の新入社員。
一人は、営業でバリバリ稼ごうと思って入社。
一人は、商品開発・企画をしたくて入社。
単純な例ですが、この2人に対する接し方は違ってきます。特に、うまくいっていないときの対応は、かなり違います。
でも、会社としては、企業の論理が先行して、本人の希望なんてお構いなしなんてことも多いでしょう。たしかに、多くの社員がいる企業では、配属に限らず、いちいち社員の希望に合わせてなんかいられません。
しかしながら、もし、本人の期待、希望を無視して、会社の期待、希望を押しつけていけば、当然の帰結として、その人のモチベーションは下がっていきます
ですから、面倒くさいことではありますが、地道に一人ひとりのモチベーションの源泉を探り出し、企業の期待との折り合いをつけていくことを、丁寧にやっていく必要があるのだと思います。
要するに、Win-Winの関係ってやつですね!
さて、今年の新入社員の方々へ。
いろいろ大変なこともあるでしょうが、がんばってやっていきましょう!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)