隣の芝生は青い

今勤めている会社、あるいは、今の部署や役職、上司などなど・・・に不満を持っている人も多いと思います。おそらく、100%満足している人などいないでしょう。
ただ、よく言われることですが、よその世界はよく見えるものなんですよね。転職すれば、今より良くなる・・・って、どうしても思ってしまいがちです。
実際、転職して良かったという人も多いです。でも、その逆に、転職して失敗したという人も多いという事実もあります。要は、なぜ転職したか、という動機がポイントになると思います。


個人的なことになりますが、私が、大学を卒業して就職した会社は比較的大手の会社でした。そこで、中小企業診断士の資格を取得し、小さなコンサルティング会社に転職しました。その後、独立して今では自営でやっています。
これまでを振り返ってみると、大手 → 小規模 → 個人と、だんだん「個」に向かっているのですが、それぞれ、良いことも悪いこともあります。
大手の場合、比較的休みも多く、給料もそれなりにもらえました。仕事面でも、会社のお金で比較的大規模な仕事に携われます。反面、融通が利かないというデメリットもあります。また、人が沢山いるので、自分が任せてもらえる範囲が小さく、少し物足りない面もありました。
小規模なコンサル会社の場合、休みは少なくなり、労働時間は増えました。給料(ボーナスなど含めて)はというと、ちょっとしたことで業績が大きく変わるので、以前の大手に比べると変動が激しく、不安定になりました。将来、どうなるか不安もありました。その代わり、すぐに社長に声が届くというメリットもあります。社長に認められれば、何でもできるということは、意欲をかきたててくれます。
さて、自営はどうかというと、休みはほとんどなく、労働時間はめちゃくちゃ増えました。その割には、収入面は増えません。受注状況によって、大きく左右されます。ますます不安定です。でも、すべて自分で決め、コントロールできるという充実感はあります。やったことへの手応えもダイレクトに来ます。そのような面では、とてもやりがいがあります。
と、当たり前の話ですが、どこにいても、良い点、悪い点があるなぁ・・・というのが実感です。
で、申し上げたいことは2つ。
1つは、「やって見なきゃ分かりませんよ」ということ。
何でも、想像している通りにはならないものです。想像している通りにはなったけど、実際そうなってみたら、想像以上につらかった・・・何てこともあります。
それもこれも、やらなきゃ分からないのです。
じゃあ、転職とか、独立とかを進めるのかというと、そういうわけではありません。
言いたいことの2つめは、「現状も悪くはないんじゃないですか?」ということ。
要するに、多少悪い点があったとしても、我慢できる程度ではないですか?ということです。
で、本当に言いたいことは、
「現状に、真剣に打ち込め!」
ということです。
現状の範囲で、できることをトコトンやってみることを、お勧めします。たとえ、つまらない仕事であっても、そこに心底打ち込むことによって、新しいことが見えてきたりするものです。
今、つまらないから、面白いことを探しに行くのではなく、今の仕事が面白くなる方法を考える方が、自分の成長につながると思います。
「隣の芝生は青い」
言い古された言葉ですが、真理でもあります。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)