長期的な目標を持つ

かつて、会社員だった頃。
自分の希望ではない部署に配属され、予想通り仕事は面白くなく、愚痴をこぼしていたことがあります。そのときある人から言われました。
「仕事を面白くするのは自分だからね。自分で、仕事の面白いところを発見しなきゃダメなんだよ」
そういわれた私は、そういうものかなぁと思いつつ、でも、納得できませんでした。だって、その人は、それまで自分の希望している仕事をやってきていて、私とは境遇が違うと考えたからです。


さて、それから、もう10年以上が過ぎたでしょうか。いつの間にか、私は会社を辞めて、独立して仕事をしています。そして、「仕事がつまらない」という会社員の方々からよく言われます。
「自分の好きなことが出来ていいよなぁ」
確かに、独立したのは、自分のやりたいことを、やりたいようにやるためです。上司から仕事を押しつけられることもありませんし、希望にあわない異動もありません。イヤなことは、やらなくても済むような立場でもあります。
そうはいっても、本当に好きなことだけをやっているかといえば、そんなことはありません。収入を確保するために、やりたくない仕事だって引き受けています。労力がかかる割には収入が少ない、もうけの少ない仕事も引き受けています。決して、やりたいことだけをやっているのではないのです。
しかし、今、私は、愚痴をこぼすつもりもありませんし、そんな気分にもなっていません。
やりたくない仕事をやることが楽しいかといえば、それは楽しくありません。割に合わない仕事をやることが、やりがいにつながるかといえば、決してやりがいにはなりません。
それでも、満足はしています。
かつての私だったら、愚痴の一つや二つや三つ・・・もう、愚痴をこぼしまくっていることでしょう。でも、今は愚痴をこぼす気にもなりません。
以前との違いはなんだと思いますか?
それは、自分が明確な目標に一歩ずつ近づいているという思いがあることと、仕事に対する考え方の違いです。
かつては、自分がどこに向かって、何を目標にしているのかよく分かりませんでした。とりあえず、こんな仕事がしてみたいという希望があって、そこから外れてしまうと、不満があったのです。
長期的な目標があれば、自分の希望とは違う仕事も何かの役に立つと思えたのかもしれませんが、そんな目標はなかったので、今やりたい仕事に就けないことが不満だったのです。
でも、今は違います。
自分には、明確な目標があります。そこに向かって、一歩ずつ、一歩ずつ、ほんの少しずつではありますが、近づいていっています。今の仕事も、そのための一歩だと思えば、ちっとも苦になりません。
やりたくない仕事や、割に合わない仕事も同様です。確かに、やらなくても済むのならやりたくはありませんが、これをやることによって、自分の実力を高めることができて、さらにわずかではあっても収入が得られるのです。
自分の実力を高めながら、収入がもらえる・・・こんなありがたいことはありません。
そう考えたら、愚痴をこぼす気にもならないわけです。
かつて言われた、「仕事の面白さは、自分で発見しなきゃダメ」という言葉。
今は、よく分かります。確かに、どんな仕事でも、面白いところがあります。そして、自分の目標に近づくために、自分の身になる部分もあるのです。
それを思うと、結局、仕事が面白いか、つまらないかというのは、気の持ち方次第であるともいえます。
では、仕事を面白いと思えるようになるためには、どうすればよいのでしょうか?
その一つが、長期的な目標を持つことではないかと思います。
長期的な目標というのは、明確なものでなくても良いのです。「何か人のために役に立つ仕事がしたい」とか、「今の会社で、思う存分力を発揮してみたい」とか・・・
最初は、漠然としたもので構わないので、大きな夢を描いてみませんか?
そうすることで、人生が変わったりします。(経験者は語る)
世の中、そんなに捨てたものでもないと思いますよ!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)