チャンスをつかむためには

組織の中で働いているとき・・・それも、特に若いときに、不満に思いがちなことのひとつに、「どうして、俺(私)にやらせてくれないの?」というものがあります。
「自分だって、もう一人前に仕事ができるのだから、そろそろまかせてくれてもいいんじゃないの?」
自分ではそう思うのに、一向に上司は仕事をまかせてくれません。いつまでたっても、上司の指示通り、作業をこなすだけ・・・
「面白くない・・・」
「うちの上司は、権限委譲ができないんだから・・・」
そのように、不満に思ったりしたことはありませんか?


私も、かつては、そんなことを思っていたことがありました。
「他の会社に行けば、もっと、チャンスがあるのではないか?」
そんなことを考えたこともあります。
ただ、今になって思うと、どこの会社に行っても、独立しても、自分が社長になっても、あまり違いはないということです。
この世の中には、実績のない人に、気軽に仕事をまかせる人は、あまりいないのです。
仕事をまかせる側からすれば、当たり前のことです。できるかどうかも分からない相手に、大切な仕事を託すことはできません。失敗したら、大変なことになるからです。
実績や、実力を証明しなければ、そう簡単には仕事を任されることはないのです。
このような考えは、独立して仕事をするときには、当たり前のことになります。どんな仕事でも、一から始めようとする場合には、信用がありません。コツコツと信用を作り上げながら、徐々にお客さんを増やしていくわけです。
当たり前ですよね。
会社の中でも、同じことです。
仕事をまかせてもらえないのは、権限委譲ができない上司のせいかもしれません。でも、見方を変えて、こうは考えられないでしょうか?
「自分も上司から信頼されるだけの、実績や実力を示していないのではないか?」
「うちの上司は・・・」
「うちの会社は、若い人間を活かさないから・・・」
そんなことを言っていても、何も始まりません。
上司から、何も文句を言わせないほどの実力を示せれば、いくらでもチャンスは与えられます。イヤっていうほど!
発想を変えて、思い切ってアピールしてみましょう!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)