キャリア形成と資格の取得

かつては、一度就職したら、その会社で定年を迎えることが当たり前のことでした。ところが、最近では、途中で転職をすることも当たり前のようになり、キャリア形成も会社任せではなく、自己責任でという考え方が定着しつつあります。
では、どうやったら、自分でキャリアを形成できるのでしょうか?
自分でできることで、キャリア形成につながること・・・真っ先に浮かぶのは、資格の取得でしょうか。厚生労働省の教育訓練給付金制度などがあるためか、資格を取得しようという人も多いようです。
さて、資格の取得は、キャリア形成に本当に役に立つのでしょうか?


自分も、かつて、中小企業診断士の資格を取得しました。自分が資格を取得しておいて、こんなことをいうのはなんですが・・・
キャリア形成と資格取得は、必ずしも結びつかないということです。
もちろん、結びつく場合もあります。ただ、仕事上必要に迫られて取る資格ではなく、自己研鑽のためとか、転職に有利だと思うから、というような理由で取得しようという資格は、多くの場合は、あまり意味がないような気がします。
なぜならば、キャリアは、経験することから作られていくものだと思うからです。
資格取得が、役に立たないというわけではありません。もちろん、いろいろな面で役に立っています。ただ、それは、キャリア形成を促進する要因であったり、方向転換するきっかけであったりするだけで、キャリアを作ることにはつながらないのです。
キャリアは、仕事に打ち込んで、そこで成功や失敗を積み重ねて、多くの経験を積むことによって作られるのだと思います。
最近の若い人は、私などと違って、キャリアのことなどを真剣に考えていたりします。真剣に考えるからこそ、会社の仕事だけではなく、若いうちから資格取得を目指したり、社会人大学院のようなところで学ぼうとしているようです。
でも、そのような人たちと話をしていて、ちょっと疑問に思うこともあるのです。
自分のやりたいことと違うから・・・
キャリア形成に役に立たないから・・・
仕事が面白くないから・・・
そんな理由で、簡単に転職していって、どこでどうやってキャリアを形成するのか?
そんな疑問です。
自分のやりたいことなんて、そんな簡単に見つからないし、たとえ見つかっても、そのような仕事につけるとは限りません。
キャリア形成に役に立つか、立たないかなんて、もっといろいろな経験をしてからいうものです。
仕事が面白くないって、じゃあ、どんな仕事が面白いというのでしょうか?仕事の面白さは、地道な経験を積み重ねたあとに、分かるようになるものではないでしょうか?
資格を取得しようという人は、前向きな人が多いです。
ですから、あえて言います。
「資格取得のために勉強している暇があったら、目の前の仕事に打ち込め!」
その方が、長い目で見れば、絶対役に立つと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)