社内FA制度、社内公募制度

5月30日付日本経済新聞夕刊に、社内FA制度や社内公募制が、女性社員に希望を与えているという記事が掲載されています。
記事によれば、このような制度は、ここ1,2年で急速に普及してきたとのこと。制度そのものは、男性も女性も関係ないでしょうが、女性の方が専門職志向が強いので、女性の方がより活用しているのではないかということも書かれています。
専門職志向の強い女性にとって、このような制度の存在は魅力的だということです。
ところで・・・


どうして「女性」にこだわるのでしょう?
この記事については、「ワーキングウーマン」という欄ですから、女性に焦点を当てていることは仕方がありません。でも、自分のやりたい仕事に就きたいという気持ちは、男性も女性も同様に持っていると思うのですが・・・
専門職志向が強くなく、様々な部署を回りたいという考えがあったって、「今度は、あそこ」みたいな希望が出てくることもあります。
それに、転職が当たり前のようにになってきた最近では、特定の分野のスペシャリストになりたいと考える男性も増えてきているはずです。
この記事は、男性だから、女性だからと決めつけてはいませんが、「○○だから△△・・・」という決めつけは危険だと思います。
この制度に限りませんが、何でもメリット、デメリットがありますし、特に運用面では、工夫が必要になることも多くあります。
運用する側もいろいろと大変だと思います。でも、だからといって、こんな制度ダメだといってはいけないと思います。何でも、うまく回り出すまでには、混乱があるのですから。
ところで、もし、こんな制度がある会社にお勤めなのでしたら・・・
ぜひ、思い切って申請してみてはいかがですか?
自分で立候補するというのは、勇気のいることですが、勇気を出して踏み出した一歩が、人を成長させるのではないかと思います。
思い通り、自分の希望の仕事に就ければ、精一杯がんばればいいわけですし、もし、希望の仕事に就けなくても、チャレンジしてみたことは、よい経験として残ると思います。
こういうことはやってみて初めて分かるということが、たくさんあると思います。チャレンジしなければ、たぶん、何も分かりません。
さあ、やってみましょう!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)