中小企業診断士の1次試験

今日は、中小企業診断士の1次試験、第1日目。そういえば、自分もこの暑い時期に試験を受けました。2日連続で、朝から夕方まで試験を受けるので、最後はもう本当にクタクタだったことを思い出します。
試験というのは、一生懸命勉強していれば余裕があるはずです。でも、実際は勉強に時間をかけてきた人ほど、緊張感を持ってその日を迎えるのではないでしょうか。ここまでの大変な努力が、果たして報われるのかどうかが決まる日ですから。
世の中には、試験は合格してしまえばそれで良いのだから、いかに楽に合格するかを考えるべきだという人がいます。確かにその通りです。何も、必要以上の苦労をして合格する必要はありません。
でも、長い目で見たときには、楽に試験に合格するよりも、苦労をして合格を勝ち取った方がその価値が大きくなるような気がします。合格してしまえば資格を取得できるということは、苦労してもしなくてもどちらも同じです。ところが、それ以外に得られるものとなると、やはり、苦労して合格した人の方が大きなものを得ているのです。そりゃ、それだけ苦労しているのだから当たり前ですが。
いずれにしても、努力したことは、いつかは報われるものです。今年がダメでも(縁起でもないこと言うな!と怒られるかもしれませんが)、努力し続ける限り、いつかは報われます。受験生には、最後まで、あきらめずに頑張って欲しいものです。
私の周りには、受験勉強を途中でやめてしまった人もいます。資格取得がすべてではないので、途中でやめることも、一つの考え方かもしれません。でも、個人的には、一度目指した資格なのですから、最後までやり遂げて欲しいと思います。
資格を取得することは、単に資格取得に留まらない価値があると思いますから。
それでは、全国の受験生の皆さん。精一杯頑張ってください!!

Follow me!