俺が俺がで大失敗(その3)

おととい昨日からつづいて、今日が最終回です。

先輩の一言で、私はメンバーを信用していなかったことに気付きました。

言い訳をすれば、もともとは、メンバーが思うように動いてくれなかったので、信用しなくなったのです。最初から信用していなかった訳ではありません。

でも、そうなってしまったのは、なぜなのか。。。

それを考えると、自分にも大きな責任があると思いました。

リーダーであれば、進むべき方向を明確に示す必要があります。それを納得していないメンバー、理解し切れていないメンバーがいるのなら、きちんと理解し、納得してくれるまで説明するべきでした。でも、私は、その役割を果たしていませんでした。

「そんなこと分かっているだろう」

そう思って、放っておいたのです。

また、リーダーならば、メンバーが苦労している点、困っている点について、サポートしてあげるべきでした。でも、自分が忙しいのを理由に、ほったらかしだったように思います。

周りのメンバーも、「リーダーは忙しいから、質問したりしちゃいけない」そんな風に思っていたようです。そう思わせていたのは、私です。

それぞれのメンバーの質問に答え、サポートを怠らなければ、もっとうまく進んだはずだったのです。

メンバーだって、やる気がないわけでも、能力がないわけでもなかったのです。ただ、ちょっと分からないことがあったり、悩んでいる部分があって、それを解決できずにいた。それさえ何とかなれば、もっと前向きに取り組めたはずでした。

それなのに、私は、メンバーにはやる気がないと思いこんでいたのです。

そして、俺がやらなきゃダメだと思いこみました。

人を信用しなくなりました。

すると、本当に自分がやらなきゃダメな状態になりました。。。

結局、自分が悪かったのです。

その後、役割を変更しました。私は、プレイヤーとしてよりもマネジャーとしての役割を増やしました。

それまでは、これは自分にしかできないと思い、自分でやっていたところがかなりありました。でも、それもちょっとサポートすればメンバーにもできるだろうと考えを改めたのです。

実際、ちょっとサポートすれば、大抵のことは任せられました。メンバーにもできると信じていれば、意外にうまくいくことが分かりました。

また、プロジェクトの目指す方向について、改めて話し合いの場をもちました。今さらとも思いましたが、メンバーが本音ではどう思っているのかを聞こうと思ったのです。

その結果、認識の違い、勘違い、意見の違いなどが明らかになり、最終的には、全体のまとまりがよくなりました。メンバーのことを信じて、意見に耳を傾けたことで、信頼してもらえるようになったようです。

その後、私の負担は軽くなりましたが、プロジェクトはスムーズに進みました。それは、私の分をメンバーがやってくれたからです。でも、メンバーの負担が増えたというわけでもありません。役割分担や協力体制がうまくできたことで、全体的にスムーズに仕事が進むようになったからなのです。

プロジェクトの雰囲気も明るくなりました。

意見交換も活発になり、活気が出ました。

忙しいプロジェクトでしたが、楽しんで仕事ができるようになりました。

それ以来、私は、誰に対しても「絶対できる」と期待を持つことにしました。まずは、できると信じて、それでもできなければ、どうサポートすればできるのかを考える。そうすれば、必ずできるようになるものです。

甘いことをいっているように聞こえるかも知れませんが、今のところ、ほぼうまくいっています。

うまくいかないときというのは、結局、「俺が俺が虫」が騒ぎ出したときか、「こいつはダメだ」と思ったとき。

そうならなければ、うまくいっています。

難しいのは、常にその状態を保つこと。

でも、やればできる!

そう思っています。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)