オーケストラと指揮者

企業経営は、よくオーケストラにたとえられることがあります。そして、経営者は指揮者、社員は演奏者にたとえられます。

このたとえは、まさにその通りだと思います。

オーケストラは、指揮者がいなければ混乱します。一人ひとりが、いかに腕のいい、一流の演奏者であっても、バラバラに演奏していたのでは、音楽としてはまとまりません。それでは、決して質の高い演奏にはなりません。

音楽は、指揮者が楽曲全体の構成を考え、一人ひとりのいいところを引き出しながらまとめていくことで、いい演奏としてできあがります。指揮者は、音を出すことはしませんが、演奏全体の大きなカギを握っています。指揮者次第といっても過言ではないかも知れません。

しかしながら、指揮者が一人で頑張っても、音は鳴りません。笛吹けど踊らずという言葉がありますが、いくら一生懸命指揮をしても、演奏者が反応してくれなければ、決していい演奏にはなりません。

また、指揮者が一番目立ってしまっても、よい演奏にはなりません。様々な楽器、それぞれのパートが主役であって、指揮者は縁の下の力持ちにならなければなりません。指揮者は、演奏者が気持ちよく、最高の演奏ができるように持っていくのが仕事です。自分が目立っても、意味がありません。

オーケストラにたとえると、ものすごくもっともな話です。

「企業も同じですよ」といっても、一般論としては、その通りだと認めてもらえます。

ところが、現実の経営に戻ると、どうも状況がおかしくなってくることがあるようです。

経営になると、指揮者である経営者が、演奏者である社員に対して、「実は、俺の方が演奏はうまい」と思っていたりします。そして、それを社員に対してアピールします。

「俺がやればもっとうまく演奏できるのに、どうしてお前はできないんだ」と。

確かにそれは事実かも知れません。

しかしながら、そんなことは、まったく意味がありません。

指揮者の仕事は演奏することではなく、演奏者がいい演奏をするように指揮をすることだからです。極論すれば、自分は演奏できなくても、うまく指揮をとることができれば、それでいいのです。

指揮者と演奏者は、役割が違います。

指揮者は、指揮がうまくならなければダメです。

いくら演奏がうまくても、指揮が下手なのであれば、指揮者としては失格です。

オーケストラとしていい演奏ができないのは、演奏者の責任だけではありません。

いい演奏をさせられない指揮者の責任でもあります。

それを経営者がいかに自覚するかで、業績は大きく左右されるように思います。

自覚している経営者の会社は、目立った変化はなくとも、順調に成長しているようです。

そうでない会社は。。。

いわずもがな。。。です。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)