正しいリーダー

今さらですが。。。

先月、プロレスラーの三沢光晴さんが、試合中に亡くなりました。

私は、プロレスには詳しくはありませんが、三沢選手は知っています。ノアの社長であり、トップレスラーとして活躍していたぐらいの認識はあります。

その三沢光晴が試合中に亡くなった。。。

そのニュースを知ったときは、何ともいえないショックがありました。

そして、去る7月4日(土)、その三沢選手の「お別れ会」が開かれ、2万6千人もの人が訪れたそうです。

これだけの人が集まるのは、単にレスラーとして人気があったからではないようです。レスラーとしての人気も、単に強いから、格好いいからというような理由だけではなく、その人柄によるところが影響しているようです。

全日本プロレスを離れ、新団体ノアを立ち上げたとき。

プロレスの世界では、2大メジャー団体の一つである全日本プロレスから、大量の脱退者が出ました。将来がどうなるか分からない新規の団体なのに、多くの選手がついていったのです。

社長として、選手の身分をできるだけ高めようと、福利厚生や休業補償のようなものも検討していたといいます。引退した選手のその後の道として、飲食業を展開しようというプランもあったようです。

プロの世界は、厳しいものです。一見すると、華麗で派手な世界に見えても、その実態は厳しく、つらいこともたくさんあります。それはそれで、仕方のないことです。でも、怪我が付き物のプロレスの世界で、怪我で試合に出られなくなれば無給というのでは、安心して試合に臨めません。

これは私の想像ですが、ファンからの目を尊重し、選手の立場も考慮した結果、福利厚生や休業補償を取り入れようとしたのだと思います。

選手が怪我を恐れず、思い切った試合をする。
そうすれば、ファンも喜ぶ。
選手としての待遇がよければ、いい選手も集まる。
そうすれば、ファンも喜ぶ。

選手を使い捨てにするという道もあります。でもそうはしなかった。。。

プロレスの世界をメジャーにしたい。

理想のプロレス団体を作りたい。

そのような夢が、そうさせたのでしょう。

そして、そのような真摯な思いが、多くの人の心を動かしているのだと思います。

限られた情報からですが、立派なリーダーだという気がします。

そういう人だからこそ、2万6千にもの人が集まったのだと思います。

素晴らしいリーダーには、厳しさと同時に優しさがあります。

高い志と崇高な理想を持つが故に、近寄りがたい怖さもあるかもしれません。

でも、それと同時に、包容力、懐の深さもあります。

そして、みんなから尊敬され、目標とされます。

ちょっと、理想的に描きすぎているかも知れませんが、当たらずとも遠からず、、、ではないでしょうか。

リーダーとは。。。

人によって、理想のリーダー像は異なるでしょう。

誰もが、正しく、尊敬されるリーダーを目指すべきです。

リーダーは、直訳すれば導く人。

単に上に立つ人ではないと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)