上司はプロレスラーに学べ

聞くところによれば、プロレスというのは、相手の技を受けきって、相手の良さを引き出してこそ価値があるものだそうです。ただ勝てばいいというわけではなく、相手の良さを引き出した上で勝つことが大切なのだといいます。

そのあたりが、プロレスはショーだといわれる所以かも知れません。

一方、K1とか総合格闘技などは、そのようなことはないそうです。ただ、勝てばいい。従って、一撃で倒すこともOK(可能なら)。

でも、プロレスの場合は、仮にそれが可能であっても、ある程度お互いの技を出し合わないと、決着をつけてはいけないわけです。

そこで思ったことが、これは上司の対応にも当てはまるなということ。

上司と部下は、一般的にいえば、横綱と前頭とか、チャンピオンと挑戦者とか、場合によってはヘビー級とジュニアヘビーのように格が違います。真っ向勝負をすれば、上司が勝つのが当然です。

ですから、ムキになって戦う必要はないと思うのですが、どうもこてんぱんにしないと気が済まない人が多いように思います。

もちろん、相手によっては、こてんぱんにぶちのめす方がいいかも知れません。

まだまだ、お前は甘い!

そう思い知らせるために、こてんぱんにやっつけてしまうのもいいでしょう。

でも、場合によっては、相手の得意技をたくさん出させて、あともう少しというところまでやらせてみてもいいと思うのです。部下にとっては、自分の力を思う存分出せれば、それはそれで自信になります。自分の成長を感じられる場にもなります。

上司は、自分の胸を貸すつもりで、思う存分やらせればいいと思うのです。そして、最後は上司が勝ってもいい。

やっぱり、上司はすごい。。。

部下は、そう思うでしょう。

一方、最初からこてんぱんにやられたらどうか。上司のことをすごいと思うことは変わらないでしょう。でも、頑張ろうというエネルギーに代わるかどうかには疑問があります。

完璧に打ちのめされているので敗北感が強く、プラスのエネルギーに転じないかもしれないからです。

でも、自分の力を発揮した結果として負けたのであれば、自分なりの達成感が得られます。それと同時に、自分の課題も明確になります。

ですから、頑張ろうというプラスのエネルギーに転じやすいと思うのです。

上司には、部下を育てるという役割があります。それを考えれば、あえて部下の技を受けてやることも必要ではないでしょうか。

そして、部下の成長を認めてやる。

その上で、課題は何かを提示する。

そうすれば、部下もモチベーションを維持できます。

プラスのエネルギーが出てくると思います。

手加減したとしても、プロレスと違って八百長などとはいわれませんしね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)