ついていきたくなる上司

その上司は、ある意味では、かっこよくない上司でした。

「俺、これできないからさぁ、小野瀬やっといてくれよ。な!頼む!!」

なんなんだよ。。。と思いつつも、そういわれるとやってしまう私。

でも、ここぞと言うときは頼りになる人でした。私のミスも、自分のこととして受け止めてくれました。明らかに私の失敗でも、うまくかばってくれました。

人によっては、甘い上司だと思うかもしれません。

そんな甘いことを言っているから、部下は、いつまでたっても失敗を繰り返す。。。

そんな意見もあるでしょう。

でも、少なくとも私の場合は、

「もう2度と同じ失敗をしないようにしよう」

そう思いました。

2度とこの上司に迷惑をかけないようにしようと思いました。

実際、同じような失敗は繰り返さなかったと思います。

また、こんなこともありました。

トップからの要請で調査を依頼されたときです。上司から指示された私は、いろいろと調べ、報告書を作成し、そして上司に報告しました。それを元に上司がトップに報告しました。そして、幸いなことに、トップからも良い評価を頂きました。

そのとき、その上司はこういってくれたそうです。私はその場にはいませんでしたが、その場にいた他部署の上司から、しばらくたってから聞きました。

「これは小野瀬がまとめました。彼の手柄です」

でも、そんなことをいったとは、おくびにも出さないんです。

今思えば、そのとき、どういう訳か、他部署の上司から褒められたんです。

「小野瀬、お前、がんばってるな」

とか、

「いい仕事してるな」

とか。

そのときは、何でそんなこというんだろうと不思議だったんです。

後になって、自分がまとめた報告書のことだったと分かったんです。

その上司は、私の失敗は自分の責任とし、私の成功は、私の成功にしてくれていたのです。

それが分かったとき。

この上司のためなら、何でもやろうと思いました。

ちょっと、うざったい(失礼ですが)ところもありましたが、この上司のためにがんばろうと思いました。

今思えば、素晴らしい上司でした。

見た目は、今流にいえばメタボで、ちょっとさえない感じなんですけどね。

「分からないから教えてくれ」ってうるさいんですけどね。

飲みに行くと、すぐに寝ちゃうんですけどね。

でも、自分にチャンスをくれて、手柄を横取りもせず、私が失敗したときには、尻ぬぐいまでしてくれました。もちろん、尻ぬぐいは、何度もさせませんでしたけど。。。

さて、この人についていこうと思える上司とは、どんな上司か。。。

必ずしもかっこいい上司じゃないんです。

仕事ができる上司とも限らないんです。

自分のことを信頼してくれて、自分の味方だと思える人。

自分のいい面も悪い面も、全部ひっくるめて受け止めてくれる人。

で、何か自分が助けなきゃいけないかなと思える人。

誰もが同じ感覚を持つとは限りませんが、私はそう思いました。

たぶん、よそいきの付き合いでは、そうはならないんです。

お互いに、長所も短所もぶつけ合うことが必要なんです。

きれい事だけじゃ、ダメなんです。

人間同士の付き合いですから。

上司も裸になれなきゃダメなんです!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)