橋下知事、メールで反論の職員を処分

新聞によれば、大阪府の橋下知事が、知事宛に不適切なメールを送ってきた職員を処分したそうです。

ご存じの方も多いかとは思いますが、この件の経緯は以下の通りです。

橋下知事が、全職員に、税金に対する意識の低さを指摘するメールを送った。
それに対し、処分された職員が、「メールを読む(職員の)時間を無駄にしていることを自覚して下さい」などと反論のメールを送ってきた。
これに対し、あまりにも非常識な対応だと、口頭で厳重注意処分をすると決めた。
今後、もし同じようなことがあれば、人事評価に反映させることを決定。

また、これまでに橋下知事を「おまえ」呼ばわりするメールが、100人ほどから来ていたとのことです。

さて。。。

私は、橋下知事が送ったメールの文面を見ていませんし、反対に処分された職員のメールも見ていません。ですから、このことに関しては、どちらが正しいかは分かりません。

ただ、一般的にいって、トップに対して上記のような返信のメールを送ることが非常識であることは間違いありません。

また、トップを「おまえ」呼ばわりすることも非常識です。

では、大阪府の職員というのは、そんなに非常識なのでしょうか。

ここで問題なのは、処分された職員と「おまえ」呼ばわりするメールを送ってきた100人ですが、その陰には、行動にこそ移してはいないが、同じように考えている人がたくさんいるはずです。

従って、大阪府には、非常識な職員が相当数存在するということになります。

しかし。

このような非常識な職員を生み出しているのは、橋下知事自身であるということも考えられます。

もちろん、民間企業などで働いている人間と、府の職員では感覚がずれているかもしれません。それでも、知事を「おまえ」呼ばわりするほど感覚がずれているとは思えないのです。それが、例え一部の人であったとしても、そういうことをするからには、それなりの理由があるはずです。

完全に推測ですが、知事は、自分が府民から選ばれたということで、やや上から目線になっているのではないでしょうか。

また、職員と共に大阪府をよくしていこうという姿勢ではなく、「俺が大阪を何とかしてやろう。そのためには、まず、この職員たちを何とかしてやろう」というように、職員と対決姿勢をとっているのではないでしょうか。

そうなれば、職員たちから反感を買うことは間違いありません。

「顔は売れてるかもしれないけど、行政のことは何も分からないくせに」
「弁護士としては有能かもしれないけど、行政のことは分からないくせに」

橋下知事が、行政を理解しているかどうかは関係ありません。知事になる前のイメージで、職員たちは考えます。そして、これは、「自分たちの方が、行政のことはよく分かっている」というような思いにもつながります。

そうなると、何をいわれても聞く耳がありません。

自分たち(職員たち)のことを理解せず、攻撃的な姿勢を示すトップに対して、協力的な姿勢を示す人間はいません。少なくとも、本心から協力する人はいません。

橋下知事はメディアへの露出が大きいので、我々でも、彼の行動、発言の一部を知っています。

印象的には、いろいろ変革しようと頑張っているように思います。

しかしながら、メディアを通したイメージと、現実のイメージはイコールではありません。ひょっとすると、府の職員が日々の業務などを通じて見る橋下知事と、メディアを通して見る橋下知事は違っているかもしれません。

そうなると、よけい、知事と職員の間には距離が出来てしまいます。

で、不適切なメールに対しては処分。さらには、人事評価に反映させる、と。。。

つまり、権力で何とかしようということですね。

たぶん、そうすれば、表面的には問題は解決されるでしょう。誰でも、人事評価に反映されたらイヤですからね。

でも、根本的な問題は解決していません。

一番危険なのは、問題があるのに、見えなくしてしまうことです。

そして、見えてくる頃には、どうすることも出来ないほど、問題が大きくなっているのです。

私は、橋下知事が頑張っていることは認めますが、もう少し工夫した方がいいのではないかと思います。

たぶん、火種があちこちでくすぶっているのではないかと思います。

推測でしかありませんが。。。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)