成長を実感できると、努力できる

新聞を読んでいたら、かつてのマラソンの名ランナー宗兄弟のコメントがありました。

記事によれば、最近は、高校生でも5000メートルで14分台の記録を持っている人がたくさんいる。駅伝でも、かつてなら2時間8分から10分ぐらいで優勝できたのが、最近は2時間5分台。高校生のレベルが以前に比べて、ずっと高くなっているとのこと。

高校生のレベルがそれだけ上がっていれば、その上の大学、社会人などのレベルはもっともっと上がっているはず。。。

そう思いきや、そうではないらしいのです。

高校生の記録は伸びているのですが、それ以後伸び悩む選手が多いとのこと。

早くにいい記録を出してしまうと、そのあと自己ベストを出すことは難しくなります。なかなか自己ベストが出せないと、もう伸びないんじゃないかとモチベーションもダウンします。実際に、そういうことが起こっているらしいのです。

記録が伸びないのは、自分自身の限界ということもあるのでしょうが、気持ちが続かないためということもあるのでしょう。

これは、陸上に限りません。

仕事でも、同じ仕事を続けていると、徐々にマンネリ化して、実力も伸びなくなります。新しい仕事に就くと、覚えることが多くて大変ですが、徐々に仕事ができるようになり、成長の実感を持てることでモチベーションも保てます。しかしながら、しばらくすると成長の実感もなくなり、仕事への意欲が低下することもあります。

誰でも、右肩上がりで成長するわけではなく、伸び悩む時期があります。それを乗り越えれば、またぐっと成長するわけですが、そこで耐えられるかどうかが問題です。

一番いいのは、自分自身でモチベーションを維持していくことです。

でも、誰もがそれができるとは限りません。いえ、それができる人の方が少ないかも知れません。

ここで大事なのが、上司のフォローではないでしょうか。

上司が、本人が気づかないような成長している部分を指摘してあげれば、本人の自信になり、意欲も高まります。

あるいは、次のステージを見せてあげる。つまり、今が踏ん張り時で、ここで頑張れば自分が成長して、次のステージに進めるということを示してあげることです。そうすれば、モチベーションも維持できます。

ひょっとすると、こういうときに、ダメだしをするというパターンもあるかも知れません。もしかすると、現実的には、これが一番多いかも知れません。

ダメだしをされることで、もう一度気を引き締めなおして、力を発揮し始めるということもあるでしょう。

でも、そうでないことも多いと思います。

なぜなら、本人だって、今のままではダメなことは、ある程度分かっているからです。それを指摘されても、「じゃあどうしたらいいの?」と悩みが深くなるだけ。そんな可能性もあります。

それなら、いいところを認めてやって、モチベーションを維持するようにした方が効果的だと思います。

叱られたり、ダメだしをされて意欲がでてくるのは、ほんの一瞬です。

でも、「こうなりたい」「こうしたい」という明確な目標があるときや、成長している実感が持てるときは、意欲が持続します。

どちらが効果的かは、明白だと思います。

ただ、叱ったり、ダメだしする方が、上司は仕事をした気になるんですよね。

逆にいえば、褒めるとか認めるというのは、仕事をした気になりにくいんです。

でも、大切なのは、何をしたかではなくて、どういう効果があったか。

結果を重視するのであれば、やるべきことは明白だと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)