社風を変えた女性経営者

先日、テレビのニュースを見ていたところ、ある女性経営者が取り上げられていました。

お酒を少々いただいて帰ったところだったので、内容を完全に覚えているわけではないのですが、いくつか印象に残りました。

その女性経営者はアラフォーで、その会社はメッキ加工の会社です。女性経営者は、もともとは違う仕事をしていましたが、会社が経営不振に陥り、娘であるその経営者が継いだとのこと。

そして、積極的に、新しいことに取り組んでいったようです。

たとえば、自分自身が子育てをしているので、子育て中の女性(そうじゃない女性もだと思いますが)が働きやすいように環境を整えたり、積極的に社員に話しかけたりしたようです。

持ち前の明るい性格で、ドンドン社員に話しかけ、社員との垣根を壊していったようです。

たぶん、もともと経営者の娘さんですから、いろいろと難しいところもあったと思うんですよ。

ここからは、私の想像ですが、、、

ベテラン社員は、子どもの頃から知っていて、その娘が社長といわれてもピンと来ないとか、突然就任した社長に距離をおく社員がいるとか、「何も知らないくせに」と最初から反抗的な社員がいるとか。。。

あくまでも想像ですが、とけ込むためには、苦労もしたと思うのです。

でも、自らが積極的に話しかけて、関係を築いていったようです。

また、顧客開拓をするために、熱心に新規営業をやっていったようです。それまでの常識にとらわれず、というか、もともとこの業界の常識はないと思うのですが、新規分野にもチャレンジしていったようです。

すると、社員も変わってきたそうです。どんどん、新しい提案をするようになってきたそうです。

「社長がチャレンジするから、自分たちもやらなきゃと思って。。。」

ベテラン社員が、そのようなコメントをしていました。

ベテラン社員は、たぶん、変化には抵抗があったと思うんです。これまでの習慣がありますから、そこから抜け出すのは大変だったと思うのです。

それに対して、「変われ!」とトップの力を利用して命令するのではなく、自らが率先して、新しいことにチャレンジしていった女性社長。

そのことによって、会社が変わっていったようです。

これこそ、リーダーシップ!

もちろん、社長が営業していちゃダメだとか、反対意見もあるでしょう。

でも、危機的状況な時。

「これは社長の仕事じゃない」という仕事があるのでしょうか!

たぶん、ないと思うのです。

優先順位はあると思いますから、すべてを社長がやるわけではないでしょう。でも、平時の役割とは違う役割があると思うのです。

そういうとき、社長自ら率先して汗をかくからこそ、周りの社員もその社長についていく気になる。

逆に、「お前らしっかりやれ!」と、口先だけで叱咤激励していても、たぶんついていきませんよね。

たぶん、この女性経営者は、社長と社員の壁を自らぶち壊して、風通しの良い雰囲気や一体感を作り出したのだと思います。

その上で、自ら率先して、新しいことに取り組んでいくことで、手本を示した。

これは、組織改革の定石です。

ただ、実際にやるのは意外に難しいんですけどね。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)