スパナが飛んでくる!?

誰でも知っている、本田宗一郎氏。

いうまでもありませんが、今や世界的な企業である「ホンダ」の創業者です。

本田宗一郎氏については、いろいろな本が出ていますので、私も読んだことがあります。その本によれば、あまり褒められたものではない一面も見えてきます。

たとえば、社員が失敗するとスパナが飛んでくるとか、げんこつが飛んでくるとか。

今の時代、そんなことをしたら、下手すると訴えられます。大問題かも知れません。

でも、平気でそんなことをやっていたわけです。

そして、それでもついてくる社員がたくさんいたのです。

なぜか。

もちろん、辞めていった社員もたくさんいるでしょう。とてもついていけないと思った人もたくさんいるでしょう。でも、ついていこうと思った人もたくさんいるのです。

今なら訴えられそうな暴力をふるっているのにです。

ちなみに、私は、暴力反対派です。殴る蹴るの暴力も反対ですし、言葉の暴力も反対です。

人の上に立つのなら、そんな暴力なしでやれなきゃいけないと思っているからです。

それでも、私は、本田氏に好感を持っています。私は、前述の通り暴力反対派ですが、本田氏が暴力をふるっていたことを知っていても、好感を持っています。

もっとも、私が本田氏の部下だったら、どう判断するかは分かりません。でも、客観的に見た場合には、暴力に対する嫌悪感もあまりありません。

なぜか。

それは、本田宗一郎氏の見ているところは、常に、いい車、バイクを作りたいというところだからです。

「技術を高める」「品質を高める」

そこに意識が集中していて、げんこつやスパナを飛ばすのも、ただそのためだけだからと思えるからです。

言い方を変えれば、暴力の矛先が、ミスをした人にではなく、ミスそのものに向かっているような気がするからです。

あくまでも、私の印象ですが。

さて、人を叱るとき。

どうやって叱るかは、実は、あまり重要ではないと思います。穏やかに口頭で叱るのか、げんこつとともに叱るのか、激しい言葉で叱るのか。度が過ぎれば問題ではありますが、基本的には、感情の赴くままでもいいと思います。

計算して叱ることが大切だという考えもあるでしょうが、真剣に何かに取り組んでいれば、計算どころじゃなく、感情的に叱ることもあって構わないと思います。

それより重要なのは、どうして叱るのか。何のために叱るのか。誰のために叱るのか。

自分が頭にきたから叱るとか、自分の利益にならないから叱るとか、自分が困るから叱るとか、自分のために叱るとすれば、聞く方も素直には聞き入れられないでしょう。

でも、いいものを作りたいとか、いいサービスを提供したいとか、まずそういう思いがあって、その障害となることについて叱るのなら、素直に聞けると思います。

本田宗一郎氏は、恐らく、徹頭徹尾、一貫していたと思います。だから、周りの人間も納得できたのだと思います。

そうじゃなければ、たとえ、穏やかに叱ろうが、計算して叱ろうが、納得は得られないでしょう。

結局、しかり方、つまり方法、手法の問題ではないのです。

その人の姿勢、あり方が重要なのだと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)