一流の指導者とは

伊達公子選手を育てた小浦 武志さんというコーチが書いた本を読みました。

これです。

『一流になる!~最高の生き方を引き出す指導法』
小浦 武志

そういえば、クルム伊達公子選手は、つい最近の大会でも優勝していました。今日の新聞によれば、今日現在、世界ランキング71位で、日本選手の中でトップだそうです。

すごいものです。

引退から復帰までかなりの年数が経っていますし、年齢もトップアスリートとしては決して若いとはいえません。といいますか、トップアスリートとしては、大ベテランといってもいいでしょう。

それでも、日本でトップですか。。。

先日、杉山愛選手が引退したからということもあるのでしょうが、それでもすごいです。

何がすごいって、やっぱり、やり続けようという意志。
どこまでも、自分の最高のパフォーマンスを追い求める心。

あまりテニスには詳しくありませんが、大したものだと思います。

話がそれましたが、今日書きたかったのは、伊達選手が引退する前にコーチをしていた方の本です。その本の中で、小浦さんは「一流の指導者とは」として、7つの項目をあげていらっしゃいます。

ここにご紹介します。

◆一流の指導者とは、

1.いつも的確な状況判断ができ
2.本質にピントが合わせられ
3.愛情と自信に満ちあふれ
4.選手のいいところを見つめ
5.未来の予測ができ
6.創造性が豊かで
7.人の意見を聞くことができる
(小浦 武志『一流になる!~最高の生き方を引き出す指導法』より引用)

で、小浦さん曰く、実は、一流のプレーヤに求められるものと、指導者に求められるものは、同じような切り口なのだとのこと。

参考までにそちらもご紹介しますと、

◆一流のプレーヤーとは、

1.いつもリラックスしており
2.いつでも最適集中ができ
3.喜びの感情に満ちあふれ
4.プラス思考で物事をとらえ
5.目標に向かってひた走り
6.最高のイメージが沸き
7.人とコミュニケーションがとれる
(小浦 武志『一流になる!~最高の生き方を引き出す指導法』より引用)

この7つの切り口は、メンタルタフネスのための7つのトレーニングの切り口だそうです。両者は同じ切り口なので、2つを見ると何となくイメージが浮かぶかもしれませんね。

その切り口とは、

1.リラックス
2.集中
3.感情コントロール
4.プラス思考
5.目標設定
6.イメージ(想像、想像)
7.コミュニケーション
(小浦 武志『一流になる!~最高の生き方を引き出す指導法』より引用)

これを見ると、スポーツ選手だけではなく、ビジネスパーソンにも、経営者にも当てはまるのではないかと思います。

一流になっていく人は、リラックスしつつも集中していますし、怒りの感情、マイナスの感情はコントロールしています。

うまくいかないときもプラス思考で考えて、明確な目標設定をして、その実現に邁進する。

会社や自分の最高の姿をイメージして、そこに向かっている。

唯我独尊にならず、孤立無援にもならず、周りと良好なコミュニケーションをとり、いい協力関係を築く。

そんなことができたら、私も一流になれるかな?!

頑張ってみましょう!!

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)