人を動かすものは何か。権力では人は動かない

結局、人間は感情で動く生き物です。

たとえ、ロジックが素晴らしく、理路整然と説明され、それが正しいとしても、動かないときは、人は動きません。

これまで、人を動かす立場、動かされる立場、いろいろと経験してきました。

かつては、「上司からいわれたから」「先輩からいわれたから」などの理由で、仕方なく動くこともありました。でも、今はそれはあり得ません。今振り返ると、年を重ねるにつれて、だんだんそういうことは減ってきています。

どうしてかといえば、自分の考え方が固まってくるので、納得しなければ動かないからです。

でも、人を動かすことで、一番簡単なのは、権力などのパワーを使うことです。

中小企業における社長のパワーは絶大です。自分がパワーを行使しているつもりではなくても、社員たちからすれば、パワーを行使されているように感じるものです。従って、表面的には、簡単に従わせることができます。

でも、それで動いている間は、本物ではありません。

お金も同じです。

商売人はお客様を大切にしますが、それはお金のパワーです。お金を頂く以上、ある程度は相手に従うようになります(言いなりになるということとは違いますが)。

でも、これも本当に動かしているのかといえば、そうではありません。金の切れ目が縁の切れ目ともいうように、お客様ではなくなる、つまり、お金を払わなくなったらおしまいです。

私自身も、権力やお金のパワーで動かされたり、動かそうとしたりしたことがあります。ですから、偉そうなことをいえる立場ではありません。

でも、最近思うのです。

パワーに依存しないで、みんなと何かを成し遂げたい。

あるいは、誰かに動かされるのではなく、自分の意思で動きたい。

今は、とにかく、動かすのも、動かされるのもイヤなのです。

楽しくないからです。

気分的に、すっきりしないからです。

本当のリーダーは、権力などのパワーがなくても、みんながついてくる人だと思います。

「その人のために手伝いたい」
「その人の力になりたい」
「その人のビジョンを一緒に実現したい」

そう思わせる力が、真のリーダーのパワーではないかと思います。

結局、夢や希望を見せてくれる人というのでしょうか。

夢や希望とかいうと、また、浮ついた感じがするかもしれませんが、

「この人についていったら楽しそうだな」
「いいことありそうだな」

そう思わせることです。

恐怖も人を動かしますが、長続きしません。

継続的に、かつ自発的に人を動かすとしたら、やっぱり夢とか希望。

それがないと優秀な人ほど辞める可能性が高まります。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)