私が会社を辞めた理由

私は、会社を2度辞めたことがあります。1度目は、コンサルティング会社に転職するとき。2度目は、コンサルタントとして独立したときです。

最初に会社を辞めたとき。

これは、本当に悩みました。その会社が好きでしたし、仕事にもやりがいがありました。給料や休みなどの条件面も悪くはありませんでした。仲間もいい仲間でした。

じゃあ、どうして辞めるのか?

唯一、私の心に引っかかっていたのは、

「この会社にこのままいたとして、自分の将来はどうなるのか?」

ということでした。

当時、入社して10年ぐらいでしたので、会社の様子もよく分かるようになっていました。

経営層が考えていることも、少しずつ聞こえてきますし、理解できるようにもなります。社内の派閥とか、力のある人、ない人なども見えてきます。

そうすると、将来、自分がどうなるかというのもある程度は見えてくるのです。

でも、将来の自分の位置が期待できないから辞めようと思ったわけではありません。

正直いえば、そのままそれなりにがんばっていれば、いいところまでいけたのではないかと思っていました。もちろん、本人が思っているだけなので、実際どうかは分かりません。でも、とりあえず、私はそう思っていたのです。

でも、辞めました。

どうしてか?

その会社の将来のビジョンが見えなかったからです。

会社員でいる以上、その会社がどのような方向に進むかによって、いろいろなことが決まってきます。もちろん、自分自身で切り拓いていくこともできますが、大きな組織になればなるほど、会社全体の方向性に影響を及ぼすことはできなくなります。結局は、会社の中で、何をやるかということになってくるわけです。

それを考えたときに、将来のビジョンが見えない会社に残っていいのか、とても悩みました。

繰り返しますが、その会社は好きだったし、仲間も良かったし、給料や待遇にも不満はなかったのです。

でも、将来が不安でした。会社の存続が不安ということではなく、自分の役割、自分の立場が不安だったのです。

今が満足なら、何か問題が起こるまで、その会社にいればいいと思う方もいるでしょう。

でも、転職するには、それにふさわしい年齢があると思うのです。何かあってから転職しようと思っても、そのときでは遅いかもしれない。そんな不安があったのです。

長々とこんなことを書いたのは、こういうことを考えるのは、私だけではないからです。

以前、ある企業の管理職100名以上と、キャリアに関する面談をしたことがあります。そのときにも同じようなことを感じました。周りにいる人の話を聞いてもそうです。

たぶん、そういうタイミングが、誰にでもあるのです。

一般的にいえば、年齢は30歳代前半ぐらいでしょうか。

ある程度仕事を覚えてきて、重要な役割を担い始めている。
今なら、まだ、新しいことにチャレンジする気力も勇気もある。
現状に大きな不満があるわけではないけど、これでいいのかという思いもある。

そんな感じの人です。

昨日は、リーダーは夢と希望を見せることが大事だというようなことを書きました。

実は、今日も同じようなことです。

リーダーは、ビジョンを示すことが大事だ、ということです。

リーダーのビジョンに共感できていれば、私は会社を辞めませんでした。(たぶん。。。)

もちろん、社員の中には、ビジョンなんてどうでもいいという人もいるでしょう。でも、そういうことを敏感に察知する人もいるのです。そして、そういう人は、概して問題意識の高い、優秀な人が多いのです。

何をいいたいのかは、おわかりでしょう。

最後にだめ押しをさせていただけば、「ビジョンを示す」というのは、示している方が思っているほど、きちんと伝わってはいません。

具体的に、何度も繰り返して、情熱を持って伝えていかないと、伝わらないものです。

今のような、先の見えない時代だからこそ、明確なビジョンが重要なのだと思います。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)