海岸でヒトデを投げる少年の話

微妙に違うバリエーションがあって、どれがオリジナルなのかは分からないのですが。。。

こんな話があります。
—————————————————-
海岸で、一人の少年が何かを一生懸命投げている。
投げているものはヒトデだった。
見れば、海岸には無数のヒトデが。

「どうしてヒトデを投げるの?」

一人の男が聞いた。

「潮が引いたら、このヒトデは死んでしまうから」

「これだけのヒトデがいるのに、そんなことをしても無駄だよ」

すると少年はいった。

「このヒトデにとっては意味がある」と。
—————————————————-

で、この話は、普通は、そんなことをやっても無駄だとあきらめたりせず、少しでも努力した方がいいというところに落とし込まれます。

わずかばかりではあっても、やった分だけ前進する。

だから、あきらめずに努力しましょう、と。

確かに、それはそうなんです。

この少年は、無駄だなどと思わず、一生懸命ヒトデを投げる。この少年が投げたヒトデは助かるのです。すべてのヒトデは助からないにしても、何もしないよりは多くのヒトデを助けられるのです。

いい話ですね。。。[E:happy01]

と、思っていいのでしょうか。。。[E:think]

小さな努力も大切なんだな![E:happy02]

そう思うだけでいいのでしょうか?[E:think]

実は、そうじゃない気がするんです。

それも悪くはないけど、あともう一歩という気がするんです。

それは・・・

また明日!!

では!![E:wink]

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)