海岸でヒトデを投げる少年は、どうするべきなのか

昨日は、「海岸でヒトデを投げる少年の話」について書きました。

これでいいのでしょうか?それは・・・明日!

などと、自分の考えを翌日回しにしたのは、ただ単に、一つのネタを引き延ばして使い回そうという魂胆です。[E:coldsweats01]

まあ、それはそれとして、皆さんはどう思われますか?

続きを読む前に、是非、考えてみてください。
(何だか、研修みたい・・・)[E:coldsweats01]

まあ、この話を一番最初に聞いたときは、私もなるほど。。。と思ったんです。

確かに、たとえわずかではあっても、やらないよりはいいと。

でも、最近少し違う考えも出てきたんです。

というのは、一人でがんばらないで、みんなで協力したらどう?っていう考えです。

仮に、寝ないでがんばってみたとしても、一人でやるのはたかがしれています。でも、みんなでやれば、数倍、ひょっとしたら数十倍の効果がでます。

多くの人が集まれば、ただひたすら投げるという方法以外の、何か画期的なやり方が出てくるかもしれません。

ですから、一人でがんばるのも悪くはないけど、ほんとうにヒトデを助けたいのなら、もっと他のやり方もあるのではないか。そう思うのです。

そのとき、まず大切なのは、「ヒトデを助けたい!」という思いをみんなに知ってもらうことです。

「何とかしてヒトデを助けたい!」

そういう熱い思いが伝わってくれば、手伝ってくれる人も必ず現れます。

さらに、「ヒトデを助けたい」ということが分かれば、「それならもっとこうした方がいい」と別のやり方を提案してくれる人が現れるかもしれません。

一方、いくら手伝って欲しくても、「一緒にヒトデを投げて」というお願いの仕方では、たぶん、あまり手伝ってくれる人はいないでしょう。

どうしてヒトデを投げるか分からないので、そんな無駄なことしたくないと思われてしまうのが関の山です。

また、「誰も手伝ってくれないなら俺がやる」と、一人で意地になって投げ続けても、よりいっそう誰も手伝ってくれなくなる恐れもあります。このやり方では、根負けして手伝ってくれる場合と、勝手にやればと見放されるパターンに分かれます。どちらになるのか分からないので、適当なやり方とはいえません。

結局、組織で何かを成し遂げようとするときと同じです。

こうしたいというビジョンを伝える。
熱い思いを伝える。
分かってくれなくても、あきらめないで伝える。

その上で、一生懸命ひたすらヒトデを投げていれば、協力しようという人も出てくるのだろうと思います。

というわけで、いい話にけちをつけるようで申し訳ありませんが、海岸の少年にお願いしたいのです。

是非、一人でがんばるだけではなく、みんなを巻き込んでがんばって欲しい、と。

Follow me!

[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)